Charakter

Charakter

Athena Firstlady

Ridill (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

ライブ配信始めました

Öffentlich
ゼロ番
FF14著作物利用許諾条件
読みましょう
(^-^)b 良いのは、FF14の楽曲と肉声のみですね


曲は小さくしましょ、それぞれの配信先のAIは著作権侵害判定するメロディがあります
・ゆっくり音声は過度な変声のものは禁止
・効果音は禁止してるところが多い
・v-tubeも肌色多めは禁止
FF14もそうですが、配信先のハラスメント解析AIの反応のことも考えましょう
ライブ配信←AIが常時監視→(時間帯)→(人監視チーム)→配信停止
()カッコ内は、テレワークの人で不足でスキップされることがあります。




これは、注意してくださいね。
・アーカイブしないのがおすすめ(*^_^*)
メンバーチャットやシャウトで不適切なものが、放送事故になります
録画=>編集 これは高級PC+高級ソフトが必要


動機は・・・・(^_-)-☆
リモート授業などのグローバル画面共有ですね
 ユーザー数制限は当然ないですよね アプリもアカウントも不要です
文字通り ライブで遊びの共有です
チャットはパーティーチャットでできキャラ感、FF14世界観も共有できます
リアル感なし 視点が違うので攻略共有できます


(^-^)
なんと
低スペックのCPU:第7世代 AMD A9-9420e(コア:2/最大:2.7GHz)
メモリ4GB
グラフィックアクセラレータ AMD Radeon R5 onチップだね


ゲームしながらサイト見たり、お話したりするWEB-PCです

これで配信の設定のお話 2020/4/28からね




(^-^)b
Roland V-02HD ビデオスイッチャーでPinPでメインFF14、サブはビデオ見ながらシャキ待ちしたり
サブに攻略を映してメインFF14説明したりしている



なので・・・
ライブ配信は

(^-^)v
最適なPCは売ってないし、カメラやキャプチャーボードも品薄です

リモート勤務・授業は、Microsoft Teamsにしてくれると供給されるんですけどね
低能力PCやスマホでマルチ画像配信できますよ・・・企業さん

2020/04/14 - Discordは、「サーバビデオ」10名までならグループ全員の顔を共有
Go LIVEは25人まで共有
ボイスチャンネルの人数制限は、1~99人もしくは無限

でもアラだと足りないかな
地顔は難しいしね







OBS Studio Open Broadcaster Software
 twitch.tv     おすすめ・・・・注意あるよ
 studio.youtube
ハード
  GC550 PLUS :AVERMEDIA Live Gamer EXTREME
   PCに、5Mbps USB3.1 Gen1必須(Tupe-C変換ケーブル付き)


その他「ツイキャス」「ニコ生」や高画質配信の設定は適当にwebで探してください


出力タブ
「映像ビットレート」 わかりにくいね ・・・・後述 計算マニアさんと、答えは?さんの2種
「音声ビットレート」 max「160kbps」がサイトのストリーミング上限みたいです。
64kbps、96kbps、128kbps、192kbps飛び飛び選びます
音声ビットレートは多くの場合(激しく変化しないので)アップロード帯域幅を必要としません。


映像タブ
720で配信したいなら、「出力(スケーリング)解像度」を「1280×720」
(^^)/
twitch.tv 注意 無料の方は混んでるときは、強制で720Pを振られる時があるので
1080Pと720Pの設定しておくのがいいです



エンコードプリセット:ultrafast baseline
ちなみに
エンコードプリセット:veryfast  エンコードプリセット:slow
  ビットレートの差は約4.6倍ほど


 twitch.tv
画質 中 でGPUなし調整
解像度 640×360 出力リスケーリング
動画ビットレート 350 kbps
音声ビットレート 64kbps 1から6トラック
サンプルレート 44.1kHz

フレームレート FPS 10
動画コーデック x.264・・・GPUがないので1択です
使用プリセット    ultrafast
x.264 プロファイル ベースライン
チューン なし
  映像チューニングを行う設定ですが、配信では必要ないです
キーフレーム間隔 2秒
音声コーデック AAC-LC
音声チャンネル ステレオ

1920x1080 キャンバス
 640x360 出力スケーリング これがOBS Studio 最小倍率です
縮小フィルタ バイリニア




 studio.youtube・・・・・・遅延13秒 その他→→最低
フレームレート FPS 10
キーフレーム間隔 1秒
動画ビットレート 300 kbps →→800 kbps
×音声ビットレート 64kbps →→96kbps
 PC閲覧モード 音割れして、動画が静止画化します
 スマホモード 戦闘シーンがモザイク化に、静止アップも汚い


YouTube LiveのLive Latencyが8.5秒前後なのですが、
超低遅延は視聴側が安定しないので低遅延のみで考えてます。



twitch.tvとの差分設定です
studio.youtubeは・・重い。
あと、クリエイターツールの監視PCと視聴者目線で観るスマホもいります。4台かな
twitch.tvは、OBS StudioのPCが視聴者目線の確認に使えます。2台



配信できているか、Youtube Liveのページで確認する
Youtube Liveの「クリエイターツール」→「ライブストリーミング」を開けば、配信されているか確認することが出来ます。
これの閲覧にも、速度帯域が必要です


実際のYoutube Live配信速度
配信ビットレート
 エンコード H.264における平均的ビットレート 
映像+音声 映像のみ  目安
360p 431.37Kbps 303.37Kbps 350Kbps~510Kbps
480p 475.67Kbps 347.67Kbps 460Kbps~700Kbps
720p 1591.56Kbps 1463.56Kbps 700Kbps~1500Kbps
1080p 2230.17Kbps 2102.17Kbps 1500Kbps~3000Kbps
参考
2160p VP9  6849.0Kbps    15.9Mbps~17.9Mbps


Twitchが6000kbpsまでのビットレートに対応している。
これの2倍以上の配信設定は無意味です






(^-^)
ここからは、専門家さん 勉強の復習かなぁ


Zum Anzeigen klicken Zum Verbergen klicken
動画のコーデックは3種類。H.264/VP9/AV1
スマホで視聴する解像度(360p~720p)ではAV1
4K動画では必ずVP9
画質を上げたを感じる動画は「24fps」

24fpsや25fpsの理由
30fpsと比べると20%のコマ削減があるため、1コマあたりに使えるデータ量が増え、同じビットレートでも高画質にすることができます。

なお、音声のビットレートは128Kbpsで十分です。
音質が必要なければ(高級マイクアンプがないなら)64Kbpsに下げて、映像のほうにビットレートを回しても良いでしょう。



必要なインターネットの上り回線速度について
フルHD 14Mbps以上必要
音声の分も乗せる必要があるので、上り回線速度16~20Mbps以上の速度



「うちは光回線だから大丈夫!ギガやでギガ!」
そんな声が聞こえてきそうです。

あくまで理論上の数値であって、常にこの速度での通信が保証されているわけではありません。
光回線の場合、実際の通信速度はその1割未満~6割程度と言われます。

これを、超えることはできません
※自分の配信を見ることにもなるので合計の上り下りも重要、配信設定は考えましょう
 ゲーム用の上り下り考える必要があります



FF14で無制限にして「 俺のPC 140fpsだ」・・・との
そんな声が聞こえてきそうです。
配信上り+管理画面下り+ゲーム=光回線だからね
 2回線ギガ契約してないでしょ
普通の人の目は60fpsまで、プロの球技の動体視力はこの1.5倍だそうです


※Google検索で「スピードテスト」と検索し一番上のインターネット速度テストを実行してお調べください(Googleのやつです)。
speedtest.net などを使って、アップロード速度を測ることができます。
※時間帯等によっても回線速度が変わることがあるので何度か測定してみてください。

ストリームのビットレートが50%以上の帯域幅の許容範囲を越さないことがストリームを成功させるのに理想的です。
例えば、アップロードスピードが2Mbpsを示したとします。
その場合、音声と動画のビットレートは1Mbpsを越さないのが理想です。





(^-^)b
計算好きの人用
 最高を試したい人(配信用にゲーミングPCが必要です)

だって、キャプチャーボードは、ソフトウェアエンコードだもの・・


ゲーム 30フレームに4メガから8メガ必要です 余力は2倍の帯域


ビットレート(Kbps) = BPP × 幅 × 高さ × フレームレート ÷ 1000

Zum Anzeigen klicken Zum Verbergen klicken
BPP は、エンコードされるイメージの品質を測る基準
品質+高度   中度 低度
最高 0.225 0.200 0.175
高 0.175 0.150 0.125
中 0.125 0.100 0.075
低 0.100 0.075 0.050

- 高度: スポーツまたはミュージック ビデオ
- 中度: 映画
- 低度: ナレーション (ニュースなど)


用語
SD(720px × 480px) アナログ放送 DVD
HD(1280px × 720px) ハイビジョン放送 主にヨーロッパ
フルHD(1920px × 1080px) ハイビジョン放送 Blu-ray Disc
4K UHD(3840px × 2160px)
8K UHD(7680px × 4320px)


推奨
画質 HD720
解像度 1280×720
動画ビットレート 1,500 - 4,000 kbps
音声ビットレート 128kbps
サンプルレート 44.1kHz または 48kHz
フレームレート 25 / 30
動画コーデック h.264
h.264 プロファイル メイン
キーフレーム間隔 1秒
音声コーデック AAC-LC
音声チャンネル モノ/ステレオ


画質 HD1080
解像度 1920×1080
動画ビットレート 4,000 - 8,000 kbps
音声ビットレート 192kbps ・・・・ゆーちゅうぶではカットされます
サンプルレート 48kHz

フレームレート 25/30/60
動画コーデック h.264
h.264 プロファイル メイン/ハイ
キーフレーム間隔 1秒
音声コーデック AAC-LC
音声チャンネル ステレオ


画質 低
解像度 480×270
動画ビットレート 400 kbps
音声ビットレート 64kbps
サンプルレート 44.1kHz

フレームレート 25/30
動画コーデック h.264
h.264 プロファイル ベースライン
キーフレーム間隔 1秒
音声コーデック AAC-LC
音声チャンネル モノ



参考・・・・自分のゲームに必要な部分
画質 4K
解像度 3840×2160
動画ビットレート 4,000 - 8,000 kbps
音声ビットレート 192kbps
サンプルレート 48kHz

フレームレート 25/30
動画コーデック h.264
h.264 プロファイル ハイ
キーフレーム間隔 1秒
音声コーデック AAC-LC
音声チャンネル ステレオ





高画質配信私的メモ・・・

Zum Anzeigen klicken Zum Verbergen klicken
※slow単体での使用はPCの負荷が大きくなるので、
x264と併せて使用することを強くお勧めします。


・出力モードを詳細にする
 ・配信サービスのエンコーダ設定を適用するのチェックを外す
 ・1920×1080 60FPS BPP:0.2で配信するためビットレートは24,884Kbps
 ・特定バッファサイズを使用にチェックを入れ、設定したビットレートの2.5倍の数字を入れる
 ・キーフレーム間隔は2
 ・CPU使用のプリセットはslow
 ・プロファイルはhigh、チューンはなし
 ・x264オプション(スペースで区切る)は
60FPSの場合は☆2☆or☆4☆を使用
30FPSの場合は★1★or★3★を使用

映像
・1920×1080(フルHD)で配信する場合は基本解像度と出力解像度を1920×1080に設定
・ゲーム内の文字がくっきりするので縮小フィルタはランチョス(先鋭化のスケーリング、36のサンプル)がオススメ
・FPSは60(FPS30で行う場合は30に設定)


◆x264プリセットの詳細設定◆

★1★ aq-mode=2 aq-strength=1.10 bframes=0 colormatrix=smpte240m deblock=1,0 ipratio=1.25 mbtree=1 me=dia merange=4 min-keyint=6 partitions=none qcomp=0.55 qpstep=8 rc-lookahead=18 ref=3 scenecut=90 subme=3 trellis=1

☆2☆ aq-mode=2 aq-strength=1.10 bframes=0 colormatrix=smpte240m deblock=1,0 ipratio=1.25 mbtree=1 me=dia merange=4 min-keyint=12 partitions=none qcomp=0.55 qpstep=8 rc-lookahead=36 ref=3 scenecut=90 subme=3 trellis=1

★3★ aq-mode=2 aq-strength=1.10 bframes=1 colormatrix=smpte240m deblock=1,0 ipratio=1.25 mbtree=1 me=dia merange=4 min-keyint=6 partitions=none qcomp=0.65 qpstep=8 rc-lookahead=18 ref=3 scenecut=90 subme=3 trellis=1

☆4☆ aq-mode=2 aq-strength=1.10 bframes=1 colormatrix=smpte240m deblock=1,0 ipratio=1.25 mbtree=1 me=dia merange=4 min-keyint=12 partitions=none qcomp=0.65 qpstep=8 rc-lookahead=36 ref=3 scenecut=90 subme=3 trellis=1

詳細設定
・プロセス優先度は通常以上
・色空間は、HD解像度で配信する場合は709を選択
・色範囲、全部を選択

必要なPCのスペックについて
・1280×720 30FPS  ベンチマーク:3732以上
・1920×1080 30FPS ベンチマーク:6000以上目安
・1920×1080 60FPS ベンチマーク:10000以上目安
※ベンチマークの値はPassMarkによる値です。



用語と意味  注意点
音声ビットレート
動画ビットレートと異なり、音声ビットレートは多くのアップロード帯域幅を必要としません。
320kbps を超えるビットレートを使用しても、人間の耳には大きな音質の違いは感じられません。
上記の推奨設定を適用することをお勧めします。


サンプルレート
一般に使用されているプロダクション機材では、通常 44.1kHz もしくは 48kHz が採用されます。
エンコーダーのサンプルレートは、使用している機材の出力設定と統一する必要があります。
エンコーダーと機材のサンプルレートが合致していないと、音の歪みやズレなどの
問題が発生します。


フレームレート
フレームレートは映像ソースとのフレームレートと一致していることが大切です。
上記の推奨設定ガイドラインは米国のテレビジョン放送方式(NTSC)に基づいています。
NTSC 規格の機器は通常 30 fps が使用されています。

キーフレーム間隔
エンコーダーによっては、「自動キーフレームモード」や「シーンチェンジ検出」等の
設定が搭載されているものがあります。
これらの設定ではキーフレーム間隔が不規則になる可能性があります。
これらの設定は、必ず無効にして下さい。
重要:キーフレーム間隔を2秒以上、または不規則な間隔に設定すると、
配信や録画に失敗する可能性があります。そのような問題を避けるには、
必ず正しい設定を適用していることを確認して下さい。




Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl