Charakter

Charakter

  • 4

私の冒険で今日がオルシュファンの命日です。

Öffentlich
今日の出来事を物語風で…


本当は命日明日なんだけどね💦

インできないから…

【始まりがない出会いの終わり】

雨か… なんか今日だけは雨の奏でる音が心地よい

クルザスはきっと雪かな…

私は何かに急かされる訳でもないのに

顔を洗ってメイクをして出かける準備をする。

今日はマウントではなく飛行艇で行こう。

私はそう考えた。

それはオルシュファンとの思い出に浸るため

しかし、楽しいはずの会話が必ずあるシーンでループをする。

それは…そこから先の事がないから。

いつもそれの繰り返し…ループと繰り返しは似て非なるものなんだけど、この場合は終わりが見つけられない結末なんだと思う。

クルザスに着いた。

「はぁー」ため息が出る。

「行けない、わたしがこんな顔をしていてはダメ笑わなくちゃ」

私は壊れた城壁を見ながら呟いた。

さて、ここからは歩いて行こうか…

雪道を歩くのは大変だけど、なぜか雪道を歩きだした。

しばらくするとオルシュファンの眠っている場所に着く。

「元気だった?」

「お花何が良かったかな?これでいい?」

オルシュファンの私生活の事、全然わからない

「そういう話はしなかったんだもん…しかたないよね?恨むのなら吉Pにね!」

場を和ませるために冗談から入る

そして…私はオルシュファンの眠ってるお墓に

エオルゼアマッチョ写真集とオレンジを供える。

「これしか思いつかなかったから…違っていたらごめんなさい」

そして…

小一時間くらいだろうか

私はカーネルサンダースさんに会えた話をした。

君が居てくれたのならもっと簡単に見つけられたんだけどなぁ…

そう考えるとだんだん気持ちが抑えきれてない事がわかった

そしてとうとう限界にきて…

「君が綴った始まりはたしか…イイ!! だったよね?」

私はびっくりしたけど。

「でも、最後に描いた終わりはあれで良かったの? あの時…なぜ私をかばったの?」

守ってもらった私が言うのはズルいから我慢してたのに…

しばらくして…

「私は君にこの言葉を、私には届かない遠い遠いあなたにどう問いかけたらいいかな?」

本当の事を伝えたい…

心の中の気持ちを伝えたい

「オルシュファンと知り合った時は、私の心の中に違う人がいて、キミに出会ってから一緒にいる楽しさに気付いた…」

失ってからわかるなんて…私ってすごくおバカさんなのだと思う。

しかし、この気持ちはもう伝えなれない

少し微笑みながら…
「私は歳を重ねて若くなくなっていくのに…オルシュファンはずるいよね?」

私は空を見てとうとう抑えきれずに泣いてしまった。

泣かないって決めていたのに…


ごめんね…


顔が腫れてしまったので…そこから2時間いろいろと話した。

そろそろ大丈夫そうだから行くね!

英雄って人前で泣けないから…なんか私の時間つぶしに付き合わせてごめんなさい。(笑)

「いつか私があなたより歳上になっても、おばさん呼ばわりしたら本気で怒るからね!」

こんな冗談言い合えるのってキミくらいだよ(笑)

バイバイ~またね!

私はその場を後にした。
Kommentare (4)

Claire Farron-sub

Shinryu [Meteor]

あかねさん よっすぅー!

確か去年も日誌にしてたね!あれから一年かぁ、月日の経過は早いよね!!

そして想いも必ず届いてるさ(*´ω`*)

Chihaya Akasaka

Chocobo [Mana]

こんにちは♪

オルシュファンの普段の生活が、物語では語られていないので想像するしかないのですが、あの正直で一本気な言動、煙たがる人もいたでしょうけれど、概ね多くの人たちに、(ことに地位も名誉もないごく普通の人たちに)愛されていたのだと思います。

友達として付き合えたなら、(当人は友と言って憚らなかったですね)一度は杯を交えながら、クルザスの長い夜を、リアル下宿で友と人生を語り合ったときのように、夢を披露してみたかったものだと、思います。

暖炉の火に照らされて、茜色に浮かぶ彼の笑顔が見えるようです♪☺️🥂🔥

Akane Cancam

Carbuncle [Elemental]

Claireさん

コメントありがとうございます。

毎年やるよん💓‪

Akane Cancam

Carbuncle [Elemental]

Chihayaさん

コメントありがとうございます✨

多分、私から見たオルシュファンと
Chihayaさんからオルシュファンって
違うと思うんですよね。

だからChihayaさんのコメントを見て
彼のそういうところを見てるんだ…
って気付きました。

私から見たオルシュファンは年上で話しやすくて
面白くてごまかせない人なんです。

例えば…
私「今日はありがとうごさいました。」

オルシュファン「今日は良かったぞ!素晴らしい!イイ!じゃー明後日もよろしく!」

ここで軽く聞くんです。
私「明日のあの件なぜ中止になったのですか?」

不意をつかれたオルシュファンは…もう誤魔化せなくて本当の事を話す。

こう言った感じの人間性が良いかな?って思ったりします(笑)

あの人は…「遅れてすまない」とかよく言うので、そういうのも良いかな~って、余計な事を言わない素直な人って好感が持てます。(笑)
Kommentar verfassen

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl