Charakter

Charakter

Atori Tsubasa

die neue Sonne

Aegis [Elemental]

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 2

物語劇場「邂逅/もうひとりの店長へ」 台本

Öffentlich
お題:「邂逅/もうひとりの店長へ」(2024年5月11日初演 5月18日再演)


(オーケストリオン「無音」を再生)

‥‥パーティ募集への登録よし。サービスドリンクの準備よし。

(/うなずく)

エプロンを着用して、カウンターに立つ。

カフェ「花鶏亭」の開店準備完了。案内の時間まで、あと少し。

(/活を入れる)

先週は残業が伸びてログインできなかったので、2週間ぶりの営業だ。ちょっと緊張する。

(オーケストリオン「もう一杯!」の再生開始 )

‥‥ほどなく、客がひとり入ってきた。

ここでは見覚えのないミコッテさんだ。新顔さんだな。

(セラピーカーテンを取り除く)

私「いらっしゃいませ。『花鶏亭』へようこそ。お好きなお席へどうぞ。」

私「こちら、サービスドリンクになります。ごゆっくりどうぞ。」

イシュガルドティーを渡し、一礼する。

(/お辞儀をする)

初めての客には、特に優しく応対しようっと。

(/肯定する)

‥‥しかし、その新顔さんは、おかしなことを言い始めた。

新「先週はありがとうございました。楽しかったです。」

ちょっと、ちょっと待って;その日は私、ここにいなかったぞ?;

(/疑問を抱く)

‥‥新顔さんは、メッセージブックにそのときのことを書いたという。

あわてて確認すると、確かに、先週の同じ曜日の日付で書き込みがある。

しかも、既読だ。

いったいどういうことなんだこれは?;

(/仰天)

‥‥そこへ、常連のAさんと、他の2人が店に入ってきた。

(セラピーカーテンを取り除く)

さっそく、先週のことについて聞いてみる。

(/話す)

Aさんは、ひょうきんで悪ふざけをするミッドランダーの女性キャラだ。彼女は言った。

A「えーw、間違いなく店主さんでしたよ?キャラ名も同じだし。」

A「会話への返しも軽妙で、いつもどおりだったしw。」

私は、何かのドッキリ企画でからかわれているのだろうか?;4月1日でもないのに?

(/呆れる)

‥‥そこへ、お店巡りのベテランであるNさんが入ってきた。先週は来店しなかったという。

(ワインバレルを移動する)

これまでの話を聞くと、彼女は言った。

N「そうねえ、誰かが店主さんになりすましてカウンターに入っていたんじゃない?」

N「私にも、わざわざ私と姿格好を似せたキャラを使っている人がいるよ。」

N「でも、名前も所属ワールドもまったく一緒だったっていうのは、変よねぇ。」

それに重ねて、Aさんが言った。

A「さては、アラグの秘術で、店主さんそっくりのクローンが作られてたんじゃない?www」

(/首を横に振る)

常連さんたちはそのあと、ドッペルゲンガーというものの性質について語り合い、談笑して盛り上がっていた。

不思議なこともあるものだ。私が先週ここにいなかったのは、間違いのないことなのに;

(/考える)

‥‥最初にやってきた新顔さんは、このようなことを言っていた。

新「店主さんのお話、とても面白かったですよ。初めての私に気を遣ってくれて。」

新「また来たいなと思ったので、今夜もお邪魔したんです。」

この評価、過分なお褒めの言葉だけど、私へ向けたものだと思っていいのだろうか?;

(/肩をすくめる)

A「あ、店主さん、照れてるw。可愛い♪」

N「長いことお店をやってると、いろんなことがあるわねw。」

新「(憧れの目差し・・・・)」

また笑いが巻き起こる。話題は来月に迫ったユーザーイベントのことに移っていった。‥‥

(オーケストリオン「無音」を再生)

‥‥「おくつろぎのところ、大変申し訳ありませんが、閉店の時間になりました~。

本日は『花鶏亭』にご来店ありがとうございました!」

‥‥私は、客がみんな帰った後の店内をしばらく眺め、今夜聞いた話を思い返していた。

そして、メッセージブックスタンドへ歩み寄り、

(メッセージブックスタンドへ歩み寄る)

こう書き込んだ。

(舞台前に移動する)

「もうひとりの店長‥‥いや、もうひとりの私へ。」

「私の留守に店を開けてくれてありがとう。客への応対は評判が良かったようだな。」

「いつか、直接対面して、酒でも酌み交わしたいものだ。その日を愉しみにしているよ!」

(/歓迎する)

(おしまい)
Kommentare (2)

Atori Tsubasa

Aegis [Elemental]

お店巡りをしていて、フリートークで雑談をしているときの雰囲気を再現しようと試みました。

私がこうやって書き残すことで、FF14の「お店(カフェ、バー)」に興味を持っていただける方が現れたら嬉しい。

~和みの場を提供していただいた店主さん達にお礼を申し上げます♪

Der Kommentar wurde vom Verfasser gelöscht.

Atori Tsubasa

Aegis [Elemental]

来て下さった方から、「続きが気になる♪」という言葉をいただいたのですが、この話のその後というのは全然考えていなかったので、意表を突かれました。

思うに、もうひとりの店主さんとは、自分自身に対する評価と他人から見た自分への評価との間に乖離があるときに、現れるのだと思います。

今回の件で店主さんは「皆から好かれている自分」を受容し、自分自身と和解したので、たぶん分身はもう出てこないでしょう。

いや、この後、店主さんの自認と店主さんへの評価がずれてきたときにはまた現れるのかもしれませんね。そのときはどのような顔になっているのか分かりませんが。
Kommentar verfassen

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl