Charakter

Charakter

Katastrophologe

Gedeeltelijk Zombie

Gungnir (Elemental)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 0

週2時間の物語 169週「あしえん・えぶりでぃ」

Öffentlich
とり・・・りゅう・・・。

部分的ゾンビです。

私も人の親としていっぱしに子供に恐竜図鑑などを買ってやる人間になりましたよ。誰しもが子供のころ通るかと思う恐竜大好き期。
私はそんなに好きだったわけではないんですが、それなりに一通りは恐竜をたしなんではいました。それで懐かしい気持ちいっぱいに、親の方が夢中になって恐竜図鑑を読んだりするのですが・・・衝撃の事実が見つかったりします・・・


「鳥は恐竜っ!!」

んー、いや、まあ、これは知ってました。昔から始祖鳥とか言って、鳥に進化する途中の化石なんかが見つかってますからね。恐竜の情報を追ってなくても、なんとなく「鳥は恐竜の末裔」という説はじんわりと聞こえて来ますし。

恐竜は骨盤の種類で竜盤目と鳥盤目に分かれるらしいんですよね。で、鳥類の骨盤に似た鳥盤目の中には鳥脚類という鳥に似た脚の形態をもつ種類があるらしいんですよ。
子供の恐竜図鑑にも「とりりゅう」などと言う名前で紹介されている一群の恐竜です。


でもって・・・


「鳥類は竜盤目獣脚類の末裔」

いや、とりりゅう関係ないのかよっ!鳥の骨盤、鳥の脚もっていながら鳥類に進化してないのか!なんども図鑑見直したわ。現生の鳥類はティラノサウルスなんかが属している竜盤目・獣脚類の恐竜から進化しているんだそうだ・・・。

しかし・・・プテラノドン(翼竜)もプレシオサウルス(首長竜)も恐竜の仲間じゃないのに鳥は恐竜なんだなー。そして・・・つまり・・・恐竜って全然絶滅してないんだなー。

ま、とりあえずインします。

注意:まあ、とりあえずメインクエですからそこそこのネタバレはありますよ。ただし、蒼天のイシュガルドとか到達しているレベルなら問題ありません。ええ、問題ありませんとも。

(プレイ日:2020年9月11・12日)


■Catch Me If Ye Can!

前回までのあらすじ:突如、砂の家のミンフィリアの事務室に現れたアシエン・エブリデイを名乗る白いローブの男。他のアシエンと同様「俺は使者で云々」と訳の分からない話を繰り返した挙句消失。それを追いかけて砂の家の外に出たゾンビは白衣の男を見つけるが・・・。


「俺がさー、北に歩いていくから、捕まえてみ!」
いきなりそんなことを言いだすアシエン・エブリデイ。


「お、おぅ・・・!」

ということで追うことになったのですが・・・このゾンビの光の戦士としての力を試したいみたいと言ってるんですね・・・ていうか、見てなかったの?魔導城の戦い。

いや、なんかこんな神出鬼没なやつならこのゾンビがアシエン・パソドブレを葬った魔導城の戦いぐらい見てそうなんだが・・・あまりアシエンワールド的には注目の出来事じゃなかったのかな?

ま、いいですよ、このゾンビの実力を見せてくれるわ・・・!


■現実逃避はフライングマウントに乗って・・・


うわー、やっぱりフライングマウントからみる景色って最高ですねー。
特にウルダハの夜空は星がこぼれそうなぐらい出ていて素敵ですよねー。


さてさて、ハンティング・ログはランク4が6種類目まで狩ってるなー。
この辺、ちょっと狩っていくか・・・。


狩りでやってきたサゴリー砂漠に謎の遺跡のようなものを発見!


討伐対象のブラッドショアー・ベルと戦闘!
たまには討伐手帳もいいなー。


ランク4、9種類来たな!あと少し!!


うわー!ウ・ガマロ鉱山大好きなんだよねー。朝霧の立ち込める時間帯もいい雰囲気をだしてますねー。


途中、立ち寄ったシリウスの灯台。
フライングマウントで近寄れるようになったから楽しいですね・・・!

・・・と、いうことで当時のことは覚えてませんが、どうやら白いローブの男に返り討ちにあったようです。

すっかり現実逃避してフライングマウントで方々を飛びつつ、討伐手帳を広げてレベルを上げてまた挑戦しようとしてたようですね・・・。


■天国の第7層へ

で、まあ、結局は白いローブの男のインスタンスバトル、クリアできたようです・・・。


「・・・いや、まさか使者に手を出すとはね・・・、あ、使者って僕のことね。いやー、乱れてる乱れてるって聞いてたけど、人間界すごいな。1000年前なら使者に手を出すとかなかったから。ほんとに。あ、そういえばハイデリンが弱ってる!ほんと。弱ってるよ、ウケるよね。弱ってる」みたいなこっちにはよくわからんことをまくし立てて消えるアシエン・エブリデイ。


「・・・(とりあえずミンフィリアに報告しとくか・・・)」

で、ミンフィリアに報告。
ま、とりあえず白いアシエンは置いといて引っ越し進めるか・・・つーことになります。

ほんで、ミンフィリアのおつかいでウリエンジェに会っていると・・・もしミンが入り・・・

「ごめん、待ちきれなくて先にレブナントツール来ちゃったわ!」

とりあえず追ってレブナンツトールに来たところで2時間!


新本部が入居しているところの酒場が「天国第7層」って言うらしいです。

なんか胡散臭い名前だなー。

ま、それでは!
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl