Charakter

Charakter

R'matary Sorha

Alexander (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 0

ワクチンとかの話Ⅱ

Öffentlich
イイェヤー

やあ、元気?

今日も好き勝手に書きたいこと書くワシのこのコーナー。

結構前にワクチンお話は書いたんやけど・・・・。

当時はまだ実用化されてなかった奴がですね、今現在になってブイブイ言わせてるんでご説明をば。


                デケデ~ン



           mRNAワクチン現る


あいあい、前回のお話では弱毒とか不活性ワクチンの説明をしたんや。

簡単に振り返って説明すると。

弱毒ワクチン(生ワクチン)

病原性を弱化させてるウィルスを直接ぶち込む、スーパー運が悪いと病原性を再獲得する可能性が全くないと言えない、でもま大抵は再獲得の機会を持つ前に免疫系に叩きのめされる運命。

ぶちのめした免疫系は、ウィルスのことを覚え、再遭遇に備えるのでホンモノが侵入してきた際に迅速に対応してくれるようになる。


不活性ワクチン

病原の外殻の一部、もしくは全部を精製して接種するといった不完全な形で病原を注入する。

遺伝情報が無いというような、増殖に必要不可欠な要素を欠損した状態で送り込まれるためワクチン接種による発病のリスクが限りなく低い、てか無い。

体内にふって湧いた謎の物質に対して免疫系は全力をもってこれにあたる。

免疫系はこの謎の物質を覚え最侵入に備える、これを持ってるモノホンの病原が来た時に迅速に対応してくれるようになる。


ハイ復習終わり。

よくある誤解にワクチン接種の直後に起こる副反応(副作用)は、含まれてるウィルスやウィルス由来成分と反応して起こってるって思ってる人多いけど実際には、培養に使用された生物由来のたんぱく質へのアレルギーだったりワクチンの保存に使われる物質由来のアレルギーだったりするわよ。

アナフィラキシーショックに至っては抗原抗体反応の過剰反応なのでそもそも初めて体に入ったモノに対しては起こらないしな。

おっと、勘違いしないで貰いたいがワクチン接種が初めてならアナフィラキシーショックが起きないってわけではないからね、ワクチンに含まれてるすべての物質が初導入とは限らないからね。

いかんいかん脱線脱線。


んで、ここら辺の説明に含まれてなかった新しいタイプがいま巷で話題になってるやつな。



 ファイザー社の新型コロナワクチン



こいつは分類で行けば、不活性ワクチンに含まれるね。

ワクチンは、病原由来の物質もしくはそのものをぶち込んで免疫系に覚えろやってやるのが基本なわけです。

今までのワクチンは、体外でこれらを精製して体内に注入する方法を採用していましたが・・・。

ファイザー社のコイツはmRNAワクチンとか言ってですね、体内で接種者の細胞に作らせるという方法を取ります。


         え?大丈夫なんソレ?

って思う方もいるかもしれんのですが、まー大丈夫じゃねえですかね?

我々の体を構成する細胞は日々色々なものをその役割に応じて生産しておりますね。

毛根の細胞はせっせと髪の毛を構成する物質を、皮膚の細胞は当然表皮の元となる物質を、涙腺の細胞は涙の成分を・・・。

そんでまあ、これら製造される物質の設計図はすべて細胞の核、すなわち遺伝子上に全部載ってるんですわ。

毛根の細胞だろうと、皮膚の細胞だろうと涙腺の細胞だろうとみーんな持ってる遺伝情報は一緒ですからね。

だた、役割に応じて活性化する遺伝子が異なってるだけなんです。

つまり我々の細胞さんは(条件さえそろえば)、体内で作れるものは全部作れるねん。

仕組みはまあ簡単に説明すると・・・・

             遺伝子(DNA)上に物質の設計図がある。

                  作りたい物質発生

          作りたい物質の設計図の載った遺伝子が活性化する。

               活性化した遺伝子にRNAが群がる。

             RNAが設計図を読み取った形で結合する。

               メッセンジャー(m)RNA合成。

             mRNAの情報を基に物質合成がされる。


うふふ懐かしいなあ、中学か高校ぐらいの生物の内容だよな確か、どっちだったっけ?

まあここでいう物質のほとんどはタンパク質だよな。


んで、ファイザーのコロナ用のmRNAワクチンとやらはどうするかっていうと、まあ予想付くよね。

そう、新型コロナウィルスの外殻の一部、今回は表面にやたら生えてる刺っぽいスパイクを構成するたんぱく質のコードをもつmRNAを導入することによって、我々の体内で新型コロナの刺々を造らせるみたいよ。

だから今回のワクチンには、ウィルスなんで一個も入ってないんだ、ウィルスの極一部の遺伝子コードを保持したRNAが封入されてるだけなんだよね。

正常な細胞にウィルスの一部を複製させるなんて、なんか怖いと感じる人もおるかもだけどRNAは割と短いサイクルで分解されるよーなんでいつまでも残って製造し続けるわけでもないし、遺伝情報を保持って言っても極一部なんで病原性の再発生もない。

実用化されたmRNAワクチンはコレが初だと思うんだけど、その実践第一号がこんな世界規模の病気になるとはねえ・・・。

言い方悪いけど、ファイザー社にしてみたら実用化直後の新型ワクチンでアホみたいな量の臨床データーが貰えるんで今後の研究資料がスゲーことになるわね・・・。

mRNAワクチンは今までのたんぱく質をぶち込む系のワクチンより壊れやすいらしくてね、やたら超低温超低温言われるのはこのせいですね。

物質を分解するもっとも簡単な方法は熱を加えることなんで、逆に低温を保つことによって物質の分解を抑えることが可能なんですな。




さて、新しいタイプのワクチンであるコレがスムーズに接種できるといいんですがどうなりますかね?

調べてみるといろいろ工夫された最新技術の塊みたいなやつですよコレ。

簡単に調べてみたけど、mRNAであるコイツをどうやって細胞内に入れるのかわからなかったけど、そこらへんが企業秘密なのかしら?






 ワクチンがコロナ終息の決め手となればいいね。
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl