Charakter

Charakter

Lyla Elysiohne

Gungnir (Elemental)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

【76】最近読んだ本

Öffentlich
こんにちは、こんばんわ^^

76回目の日記となりましたが、たまにはFF14の話題から離れてリアルな話をしたいと思います。
FF14のサイトで全くゲームと関係のない日記(゚Д゚;)w

そういえば、つい先日にずっと仲良くさせて頂いているとあるフレさんから「ららちゃんは根気強く物事を続けられているから、いろいろ取得できると思う」といった感じの嬉しいお言葉をもらいました。(その時のお話の流れは割愛(笑))
たしかに、Twitterで遊びで始めた竜騎士冒険譚があんなに長くなるなんて…w 去年の一番の予想外要素でしたw

日記の方も、ちまちま続けてここまで来たので、Twitterでは呟いてないことを中心に細々とでも続けていきたいなぁって思っています(*'ω'*)


 今回は久しぶりに本に関する話題。「最近読んだ本」というタイトルなのですが、エオルゼアが楽しいのと年末からばたばたしていたためにあまり趣味の方の本は読めていません(^^;)

(いつもの通り以下長文になるのでぜひお時間があるときにでも…)

 読みたい本はたくさんあるのですが、整理しなければいけない資料とその関連で勉強もあって中々進まず。。今回は、その中で読めた物の中からいくつか感想と紹介をしたいと思います!



1.『猫の神話』池上正太、新紀元社、2013年。

 画像がなくてすみません…ぐぐってもらえると(>_<)
まずはこれですね!猫の神話。表紙がすごくかわいいです。
猫の歴史が書いてある本で、日本で体系的に猫の歴史が一冊にこの長さでまとめられているものってこれくらいのような気がします。他にあったらぜひ教えて頂きたいですw

「猫という生き物の先祖は、約6500万年前に登場した肉食の哺乳類だといわれている。その後、彼らの中から肉歯類に属するミアキスと呼ばれる生物が誕生した。ミアキスは森の中に住む20~30㎝ほどの長い胴体を持つ動物で、樹上での狩りを行うなど猫と多くの共通点を持つ。やがてミアキスは、森を出て草原で暮らすもの、大型化するものなどに文化し、猫、犬、熊などの現生する多くの肉食動物たちの祖となった。」(p.10)

この本では猫の祖先の話からエジプトでの猫、そして猫が世界へと広がっていき、色々な伝承や物語に現れる流れを西洋や日本など、地域ごと時代ごとに説明がされていてとても面白いです('ω')ノ
猫の名前の由来や、古代~中世に行われていた猫を使った儀式なども多く紹介がされていてなるほどぉと思いながら読むことができました。私は家族で猫を飼っていたのですが去年亡くなってしまい、(ちょうど今月で一周忌) この本にもっと早く出会えていれば、より接し方も変わっていたかなぁとかも思いながら読んでいました。
研究には使えるか微妙ですが、猫の歴史を知るにはコンパクトでいいかなと思います^^あと、表紙の手触りがすごくよきでした…(笑

ほんとうに多くの民間伝承や神話が紹介されているのですが、私が一番印象に残ったものを紹介してみたいと思います!
知っている方もいるかもですが、「ローザンヌ湖の怪猫」という話があります。これはアーサー王伝説の収められた『メルラン物語』の中のストーリーなのですが、ある漁師が「最初にかかった魚を神に捧げる」と約束しました。だが、釣れたのは30シリングにもなる大物で、漁師は卑しさから「次にかかったものを」と繰り返し、しまいに3度目には黒い黒猫が釣れます。そこで漁師は、鼠を捕るための猫を欲していたので、魚ではないことを理由にその猫をも自分のものとし、神との約束を裏切ってしまいます。
その因果か、成長した猫は醜い姿の怪猫となり漁師と妻、そして子供たちを絞め殺してしまいます。出会うものをすべて破壊しながら山奥へと消える猫。その惨状を民衆から聞いた宮廷魔術師マーリンは、アーサー王へと事の旨を伝え、王はガウェインを引き連れ猫の討伐へと向かうが…。

といった感じのストーリーです。
某F〇Oのゲームが好きなので、それ関連の話への飛びつきははやいですw

というわけで、長くなってしまいましたが、猫の歴史や物語について色々語れるようになる?この一冊、おすすめです。



2.『流浪の月』凪良ゆう

2020年本屋大賞ノミネート作になります^^
ストーリーは一言で述べるのが難しいので、帯に書いているものをコピペしますw

「愛ではない。けれどそばにいたい。
新しい人間関係への旅立ちを描き、
実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、
息をのむ傑作小説」

読んでいて惹きこまれる文章力を感じました。話は重たいですが、リアルな内容でSNSをよく触る方なら共感できる部分もあるかも。スケールは全然違いますが、どことなく『罪の声』に重なるような所も感じつつ。あの夫はないな…って思いました。(ぜひ読んでみてくださいw)

いつか文庫化されそうですね~!



3.『氷属性男子とクールな同僚女子』殿ヶ谷美由紀

【漫画】です!!
漫画も色々読みます^^
画像を載せれればよかったのですが…。ぜひぐぐってみてください。
この作品はフレさんのりーふぁさんからおすすめをもらって買ってみました。雪女の末裔である氷室くんとクールな女子社員である冬月さんのラブコメ話。お互い意識してるのに、中々くっつかない所に悶々としつつ、たまに冬月さんがデレて、氷室くんと一緒に「かわいいいい」っを噛みしめながら読み進めています(笑)

雪女の末裔なので、感情が高ぶったら周りをリアルに氷漬けにしてしまったり、緊張で自分が凍ってしまったり、会社で自分で作ったかまくらにこもっていたり、くすっと笑えるシーンもあって面白いです。

絵も繊細なタッチで綺麗で、冬月さんがアップになるとことか、とてもいいですね!
今まだ3巻が出たところでこれからも楽しみな一作ですが、順調にイベントが進んでいます!w
(風邪の看病、お出掛け、ラインチャット、水着などなど…)

あと冬月さんと氷室くんが、お互い素が出たときに関西弁になるのが見どころですかね。
これからは、濃い漫画じゃない、何か平和で面白いものを聞かれたときはこれをおすすめしようと思いますw


今回はこのくらいにしようかな…。
ここまで読んで下さっている方はありがとうございます。

ぜひコメントで好きな本やマンガがあれば教えてくださると、今後の参考にしようかなと思います!



名残惜しいので最後に少しだけFF14のお話。。

最近ギャザクラがとても楽しくなってきました。
白貨で装備を更新して、秘伝書を交換しながら次に作れるものを考えたり…。
ありがたいことに新式を作って頂いたので、これからたくさん頑張ってみんなに物を届けたり、お礼をしていきたいなって思っています(*´ω`*)

見た目の好きなミーン装備やネオイシュガルディアン装備を自作できる日も近いかもしれません!
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl