Charakter

Charakter

Oliver Rings

der mit den Flossen tanzt

Shinryu (Mana)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 10

僕が歩んだタンクって職の話

Öffentlich
こんばんはー!
Oliverです!


今座った状態でこの日記を書いています。
回復体位からここまで回復しましたよー!いえー!

さてそろそろ僕がエオルゼアにきて合計で一年になるのですが、そんな僕がタンクという職を振り返ってみようと思います。
最近知り合いや嫁さんにタンクのことをよく聞かれるので、自分はどんなだったかを少し振り返ろうと思います。

結論から言いますが、僕はタンクで始めて、
タンクでIDやりたくねえ!怖いからこのままもうストーリー進めねえ
と思い、ずっと放置してました。

実は僕はOliverが二人目のキャラクターで、タンク自体は前のキャラクターでやってました。しかし前のキャラクターはメインジョブはDPSだったため、無理にタンクをしなくても進むことができました。
なのでレベルはまあまあ高かったのですが、サスタシャ、タムタラ、カッパーベルのみずっと回っていました。
Oliverとして斧術士から始めた僕は、序盤ダンジョンは以前の経験を活かし、問題なく行えました。
引っかかってしまったのは「監獄廃墟 トトラクの千獄」。以前のキャラクターでは行っていないところですね。
ここで野良で突っ込んだ僕は、以下の失敗を行いました。
・誤操作でスタンスが切れてしまう
・コチュー繭を叩くタイミングが悪く、皆を毒状態にしてしまう
・道を間違える

今思えば、最初であれば誰でも起こしがちな失敗であると思います。
しかし僕はここでマッチングした方々にめっぽう怒られてしまいまして。そこでかなりの自信を無くしました。
たしかに処理をするDPSさん、回復や状態を治すヒラさんには多大な迷惑ですからね。

そこでIDというものがトラウマになってしまった僕は、そこで斧を振るのを一度やめました。
誰かに迷惑をかけるのは一番嫌でしたから。
そこで僕はDPSの育成を1から始めます。
しかし野良でDPSというのは、マッチングに時間がかかりますし、DPSでIDに行くのも嫌になるほど、僕は落ち込んでいました。
なのでFATEや雑魚敵を倒して、僕はちまちま双剣のレベルを上げ、その先のIDに行けるようになりました。ハウケタをクリアしたタイミングで、僕は冒険録を購入し、ワールドを変えて、新生を終わらせました。そのあたりの話は、また別で。

そして僕が再びタンクをやり始めたのは、今年の春頃でした。
そのころに僕はドラちゃんの所属していたFCに入れていただけることになりまして、顔合わせもかねて、マスターからレベリングに誘われました。
その時に行ったダンジョンではマスター以外がDPSで、ヒラであるマスターが敵視を取ってわちゃわちゃとしながら進んだことが楽しかったのを、今でも覚えています。
忍者で手裏剣を投げ、なるべく先に敵視を取り、そのIDを終わらせたとき、マスターからこういわれました。
「Oliverさん、タンクできるん?やってみていいよ?」
ぎくりとしました。しかし、ヒラがカンストしているマスターの胸を借りる気持ちで、僕は再び斧を手に取りました。
久しぶりだったので、心臓がバクバク言いながら進んだのを覚えています。そして、ボスを倒した時、ふっと体の力が抜け、汗が噴き出していました。
「タンクできていたでしょうか?」
不安いっぱいだった僕は、チャットで聞きました。
「なんで?全く問題なかったよ?」
返ってきたのは、そんな言葉でした。

パーティー解散後、しばらく放心していました。
僕の悩みは、避けていた今までは、なんだったのだろう。
安心ともらった言葉の嬉しさに、全く動けないままリムサで海を見ていました。
心配したベルルが、tellをくれるまで放心していました。

「私もヒラやってみようかなあ」
ベルルはtellでそう言ってきました。
「じゃあいつかやってみるか、タンヒラで」
僕は彼女に、そう答えました。
後のバーサーカーピュアホワイトさんの、誕生の瞬間である。

そんな僕が、紅蓮のコンテンツに戦士として突っ込み、挙句の果てに他の人の手伝いまで喜んでタンクを出してるんだから不思議ですよね。
あんなにID、嫌いだったのに。
新生にひーひー言ってたやつが今や紅蓮ですもの。
忍者も戦士も、今や70ですし。
ただ、あのまま野良でいたら僕はタンクをしていないでしょうし、何ならエオルゼアにもいないかもしれません。
そのあとブレイフロクスとかソーム・アルとかでまた色々トラウマができるのですけどね。
そんな一つの縁が、僕にタンクをして歩む道をくれました。
…多少真実と違うかもしれませんが、なんせ放心していたせいで、記憶の前後が吹っ飛んでいまして。
そんなこんなで、僕は今日も元気にタンクをしていますとさ。

僕が神龍に来て、FCに入った話は…気が向いたら書きます。
恥ずかしいので。

それでは、この辺で!!!!!!!

書いといて何ですが、めちゃくちゃ恥ずかしい……。
もしかしたら消すかも…。

Kommentare (10)

Ash Gold

Shinryu (Mana)

Googleに推されそうなタイトルですね!
コメントしちゃいましたけど、消したかったらお構いなくです!

Belulu Belu

Shinryu (Mana)

懐かしすぎて涙が出そう

Asahi Dry

Shinryu (Mana)

今は安定のオリタンク!

たまには僕のレベリングにも付き合ってよね!!

Kuro Francis

Shinryu (Mana)

オリバーさん、

タンク職にそんな経緯があったんですね
自分もお三方と初めてダンジョンに行った事はよく覚えてて、あの時思った事や言った事は本当ですよw
1番最近では、初見ドマ城!3人とも凄くカッコ良くて印象に残ってる。またタイミングが合えば是非一緒に行きたいダンジョンがあるのでその時はよろしくですよ!

Krampus Blacksanta

Fenrir (Gaia)

通りすがりです、はじめまして。

すごくよく分かります、昔の自分がまさにこれでした。
FCに救われたクダリもよく似ています(´;ω;`)
自分も今は、楽しくタンクで遊んでますw

次の日記楽しみに待たせてもらいますね!

Oliver Rings

Shinryu (Mana)

Ashさん
ひい推さないでグーグル先生!
あまりにも推されたら消すかもです、恥ずかしいので…

Oliver Rings

Shinryu (Mana)

ベルル
あーもう僕の日記読んで泣くんじゃないよ君は

Oliver Rings

Shinryu (Mana)

ドラちゃん
ありがとう!ドラちゃんの火力頼りにしてるんやで!
僕もDPSそろそろ構ってあげたいから行こう!レベリング!
後朱雀とかも…ね

Oliver Rings

Shinryu (Mana)

クロさん
ありがとうございます!クロさんが褒めてくださったからまだまだ頑張れます!
かっこいいなんてそんな…めちゃくちゃうれしいです。
また宜しくお願いします!!!

Oliver Rings

Shinryu (Mana)

Krampus様
初めまして!コメントありがとうございます!
Krampus様も苦労されたのですね、よく似た経験をされた方がいらっしゃいますと、嬉しいです!
近いうちに書くと思うので、気長にお待ちください(笑)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl