Charakter

Charakter

Silber-Wölfin

Shino Ryouka

Pandaemonium (Mana)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

【FS人狼会】ガチ初心者さんのための人狼用語集(かもしれないもの)

Öffentlich
FS:人狼会のための用語解説集!
ちょっと興味あるけど専門的な感じがしてとっつきにくい!すぐできるか心配!という方は
このページを見つつ、まずは見学がオススメです☆

※こちらにコメント等されても基本ロドスト見ないのでお返事できないです。あしからず。

因みに人狼会についてはこちら→https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/27864206/blog/4685485/

ここでは軽く人狼用語の解説をしていきます!
あくまで人狼会でよく使われているもの・内容なので、もしかしたら一般の人狼とは少し違うかもしれません。
そもそも私自身が素人なので、そのへんは大目に見ていただけると・・・!

まずはルールに関する用語を解説していきます。
 

【ルール関連】人狼会では呼び方を変えているものがありますが、ここでは一般の呼び方に合わせています)

基本の形からいくと、「9人村 狼狼狂占霊狩村村村 初日ラン白 レンガ有り 欠けなし」所謂9スタ(9人スタンダード)と呼ばれる最も基本的な配分です。


9人村:ここは人数によって変わりますが、9人参加者がいる村、という認識でいいと思います。場合によってはGMも人数に含む。

狼狼狂占霊狩村村村:9人の内訳です。狼2人、狂人1人、占い師1人、霊能1人、狩人1人、村人3人の意味です。考察に欠かせないのでしっかり覚えておきましょう。

初日ラン白:初日占いランダム白の略。初日の占い結果はランダムで白の人から選んで教えますよーということ。他に「初日占い有り」がありますが、こちらは自分で占い先を指定できるので初日から黒(狼)を引くこともあります。

レンガ有り:連続ガード有りの意味。狩人が夜時間に守る相手を何日でもずっと変えないで指定できることを指します。レンガなしだと連続指定ができなくなり、次の日も同じ人を守りたくても必ず1日は別の人を守りにいかなければなりません。

欠けなし:役欠けなしの略。役欠け(役欠け有り)とは、初日に死んだGMも村全体の人数に加えること。GMが村のこともあれば重要な能力を持っている役の場合もあるので、欠け有りのルールだとそこの考察も求められる。



【役職関連(基本のみ)】用語としての説明なので、動きなどはググってください!(内容に専門用語が含まれるので、わからなければ↓から先に見てください)



:占い師。村側。夜時間に疑わしい一人を選んで白か黒か見ることができる。

:霊能力者。村側。前日処刑された人の色を見ることができる(人狼会では学者と表記されることもある)。

:狩人。村側。夜時間に一人を指定して襲撃から守ることができる(人狼会ではナイトと表記されることもある・騎士と呼ぶ方もいます)。

:ここでは役職としての村人のことを指す。勿論村側。特殊能力などはなし。

:狂人。判定は白だが勝利条件は狼側。狼が誰かはわからないが勝利条件故に狼に味方する。

:人狼。勿論狼陣営。夜時間に一人を食い殺せる。



【議論関連】議論中に飛び交う用語です。


CO:カミングアウトの略。主に○○CO!と自分の役職を叫ぶために使われる。それが本当なのかはわからないですがね!

ロケット:ロケットCOのこと。あさイチでCOすることを指す。

吊り:夕方に(主に狼っぽい人を)処刑すること。議論は主にこれを決めるために行う。

:吊りをできる回数の意味で使われる。

白・白い:村側・村側っぽいという意味。占いの結果や自分の推理を披露する際に使う。

黒・黒い:狼側・狼側っぽいという意味。↑と同様。

グレー:占に占われてない人。占われていても、占った占が偽物の可能性が高いとグレー扱いされる場合もある。

人外:狼や狂人といった、村から見たら敵の陣営のこと。狂人まで含めるかは人によるかもしれない。

:白黒のこと。「色が見えない」というのは、村か狼かわからないという意味。「色がついてない人」は、占に占われていない人所謂グレー。

白目・黒目:考察の際に使う、主に自分は対象のことをどっち側で見ているかを表す(「白目に見てます」だと村側で見てますよーという意味

真目・真:↑と同様に、占が2人出てきた場合などに本物で見ている相手に対して使う(Aさんの方が真目高いかなー」だとAさんをやや本物でみているという意味占の内訳を話していて真狂と言われたら、2COしてる占のうち片方が本物で片方が狂人(で見ている)ということ。

真切り:(役職もちに対して)本物として見るのをやめること。

決め打ち:複数COが出ている役職のうち、本物っぽい一人を真として見て進行すること。

グレラン:グレーランダムの略。占に占われてない人から吊る人を考える。

グレスケ:グレースケールの略。自分がグレーの中の誰を白目で誰を黒目で見ているか順に書いていったもの。

指定:吊る人を指名する。進行役(確定真の役職・または確定白の村人)がいる場合に採用されやすい。

回避:吊られる人(指定がかかった人)が村側の役職持ちだった場合にCOして吊りを回避すること。

ロラ:ローラーの略。主に役職などを全員吊ってしまう手法。霊ロラだと霊COしてる人すべてを吊る。

黒スト:黒でストップの略。ロラの途中で黒が吊れたらそこでロラをやめる戦法。主に占ロラで行われる。ただし霊が本物であることが条件になる。

GJ:狩が護衛成功した際に出る称賛の言葉。

噛む:狼が村側の人を殺すこと。

噛みあわせ:占が占った人と狼が噛んだ人が一緒のこと。

多弁・寡黙:よく喋る人とあまり喋らない人。寡黙の人は疑われやすい。

雑殴り:あまり色をつける要素がない時に、根拠がなくてもとりあえず色をつけていくこと。

対抗:役職COがあった場合、他の人が同じ役職でCOすること、又は自分以外の同役職のこと。

潜伏:役職持ちがCOしないで潜んでいること。

囲い:主に、人外が占でCOした場合に仲間に白判定を出してカモフラージュすること。狂人がたまたま狼に白を出した場合でも言う。「初日囲われてるかも」は、「初日に占のいずれかが狼に白を出してて、1日目白判定のうちの誰かが狼かもしれない」ということ。囲っていれば必然的に囲った占は人外である。

ライン・ライン切り:ラインは主に同陣営ががっつり連携をとって、お互いをフォローしあっている状態。見てわかるほどの連携なので、ラインが繋がっている片割れが吊られて黒だと残りの人もそのまま吊られやすい。また、占決め打ちなどでは残った占とラインの相手は生かされやすい。
ライン切りは主に人外側が使用する。狼などはラインをおおっぴらにしてしまうと一気に両方吊られてしまったりするので、あえて別陣営に見せるために相方などと表面上敵対すること。場合によっては相方を吊る提案すら行う。

2-1:○ー○という使われ方をするので、数字は2-1だけではない。基本的に左が占のCO数、右が霊のCO数。2-1なら占2CO霊1COということ。

LW:ラストウルフ、つまりは最後に生き残っている狼のこと。

:主に役職なしの村人が、議論時間などを稼ぐためにその日に吊られてもいいよと人柱を申し出ること。

SG:スケープゴートの略。議論では大体「SG位置」といった使われ方が多いかもしれない。SG位置とは、狼が自分を守るために「この人黒っぽくない?」と、村側の人に黒塗りしてきやすい位置のこと。初日占いで白を貰っているといった囲いがありえる位置や、最終日完全グレーの村人などが該当する。

PP:パワープレイの略。狂人が生存しており、なおかつ狼と狂人の合計数が村を上回っていた場合、狂人に狼がCOすることによって票を合わせて村を吊り勝利すること。

RPP:ランダムパワープレイの略。例えば狼狂村村と残っており、狂人が狼が誰か知っていた場合、狼と狂人が票を合わせて投票数を2:2にすることによりランダム(サイコロ勝負など)で村を吊りにいくこと。









 
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl