Charakter

Charakter

Esty San

Alexander (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 0

高難易度レシピ あなたは確信派? それとも真価派? たぶんファイナル

Öffentlich
編集後記とか書いておきながら、まだ日記を書いてみる。申し訳ない。

確信君と真価ちゃん(確信ちゃんと真価君でもいい)と真剣に向き合ってみる。

まずうち個人の結論としては、両方とも長所短所あり。とか、拮抗している。とか、好きな方使った方がいい。とかです。
なんていうか、曖昧な結論しか出せず。どっちが優れているとかって書きにくいですね。

素人意見で比べてみます。本当に個人的な意見。あと感覚。理論的ではあまりない。
あとうちは旧確信派(今もかもだけど)、なのでやや確信よりな意見かも。

『確信』
CP6
その他もろもろ。

『真価』
CP24
インナー3
その他です。

CPだけ見れば確信が少ないのですが、インナー(CP18)を入れないといけないので、実質どっちも24です。

次に工数の進め方。一般的なやり方、というか自分の知っているやり方で比較です。

『確信』
確信ヴェネ突貫突貫(中略)作業。

『真価』
ヴェネ突貫突貫突貫(中略)作業。

が一般的なのかな?

真価の方が突貫が1回多くなります。ですがその分、確信に比べてインナーが2多いです。
単純比較で突貫1回をとるか、インナー2を取るかになります。
インナー2上げるには、単純にヘイスティ2回かな。だとしたら突貫1回よりもお得には感じます。
うちもそう思いますし、真価の方がいいのかなーとは今も思います。

じゃあなんで確信も今回そこそこ使われているのか? って考えた時に、やっぱり突貫1回にどれだけ比重を置くかが大事になってくるのかな、と感じました。

今回の高難易度レシピ、突貫がほぼ必須です。というか突貫の効率が強すぎるんですね。効率はなんと500です。下地作業、集中作業でも300しかありません。
そしてそれ前提で作られている工数。使うしかありません。
つまり、言い換えれば代替品が無いわけです。
突貫に置き換える物がない。真価は50%を1回多く打たざるを得ない。それが今回、確信が強い理由かな、と勝手に推察します。
一方、インナーを2増やす手段は多いです。
ヘイス2、加工2、それの複合。下地加工(あまり使わないかも)、そして集中加工。CPと耐久さえあれば置き換えは容易いです。
そこが確信と真価、単純に比較しにくい要因なのかな? と。

次に突貫にヴェネが必須な事です。比較します。

『確信』
確信は5ターン。ヴェネは4ターン。
確信インナーヴェネと打ったとき、

確信インナーヴェネ○○○●

○が確信の乗っている範囲、
○と●がヴェネの乗っている範囲です。

その内の2回(○1回は必須)成功させれば、ヴェネは1回で済みます。

『真価』

一方で真価は、ヴェネ4ターン中に3回ですから、確率的におそらくヴェネをもう1回使うことが多いです。



そこだけ見れば確信の方がお得! なんですが、
実は確信は序盤の状態変化に非常に弱いです。
数少ないチャンスの中で、有利な状態変化が来た時に対処すると、ヴェネ1回で収まらない時があります。
あるいは状態変化を無視する選択を迫られますそれがきつい。勿体ない。
もちろんヴェネ2回もありかな~、と書いている時に思いました。
最悪確信とヴェネが乗っている時に、1回突貫を成功させれば、ヴェネかけ直しで再度1回で済みます。
がそれでは真価を余り変わらない。インナー2との差が埋められない。って思いました。
真価はヴェネ2回だから8ターン中3回成功させればいいです。状態変化に強い。

確信はヴェネ1回で済む時が多い。でも序盤の状態変化に弱い。



インナー2

どっちを取るかですね。

となるとヴェネ1回浮いたCP18で何ができるか?
加工1回なんですね。そうすると確信はインナー1を埋めることができる。
なんて色々な事を比較していくと、もうどっちがいいか分からない。

例を書くと、マニピュ長期倹約、を入れた上で、更に高能率が来たら、加工をCP9で打てるとか、
インナー2上げるヘイスティは素でも打てるとか。
集中加工でインナーは2上がるとか、色々と考えると、もう頭が混乱しています。

真価ヴェネ2回でインナー2上と、確信だとヴェネ1回だけCP18(加工1回)。
の単純比較では真価の方が上ですね。
ただ先も言った通り、インナー2は代替品があるのが大事です。50%1回少なくて済む方が、精神的に良いのなら確信もありだと思いました。
CPを18多く使えば、確信はインナー3に出来ます。
でも真価はヴェネ中に状態変化に対応しやすいし、うーん。分からない。
ってたまに忘れるのが耐久(とそれに付随している状態変化)。耐久も10必要ですね。読み直して思いました。
さらに状態変化によっては、差は埋まりそうです。まあそれは真価にも言える事ですが。

あとは人にとって突貫何回失敗でワイプするかでしょうか?
早々に見切りを付ける人は、真価の方がギルがかかるかもしれません。うちがそうですね。
でも失敗してもそのまま続けたら、真価でもギルがかからないかも。安易な事は前の日記に書かない方が良かったかもしれない。

真価でヴェネ1回で済んだ時も大事かも? でも状態変化で基本は2回ヴェネ使うと思うから何とも。

まとめ?

『確信』

長所。
ヴェネ1回で済むことが多い。CP18浮く(加工1回分)。
突貫1回少ない。

短所。
確信ヴェネ中に作業系アクションを決めないといけない。
序盤の状態変化に非常に弱い。

『真価』

長所。
状態変化に非常に強い。
インナー3スタート。

短所。
突貫1回多い。
ヴェネ1回多くなるときが多い。



うーん。
真価の突貫1回多いのは、耐久20不利と計算(突貫2回中1回成功と計算)
ヴェネが1回多いのをCP18と計算。

それを確信のインナー2増やすのに当てはめると。
耐久10でCP18の加工で1埋まるけど。あとは耐久10だけ。

さらに両方の耐久に状態変化も乗ってくるので何とも。

やっぱり真価か? 分からない。確信にCP18(加工)足したら不確定要素は減らせる感じか?

だから結局、先に言った事になってしまうのですが、突貫1回をどう見るかです。
恐らく真価有利? でも突貫1回の代替品はないのに関して、インナー2増やす手段は多い。どっちが好きかでしょうか?

あとは必要ステか。どっちが加工精度が高くなるんだろう? 確信の方が加工寄りで済むんだったら、確信有利に働きそう。もう調べる気力がない。
とかインナー2増やすのに品質がほんの少しだけ上がるとか、色々と考えるときりがないかも? でもインナー1の加工なんて誤差の誤差。

結局好み。書いてみて思ったけど、たぶん真価の方が強い? けど不確定要素を減らしたいのなら確信?

確信は突貫1回減らせ、インナー2を補う手段が豊富。
真価は状態変化に臨機応変に対応可。

やっぱり、好きな方を使うべし

で締めます。では!
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl