Charakter

Charakter

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

バハムート侵攻編14【1層:集合は密着で】

Öffentlich
おそらくこれが最後のギミック解説になりそうな予感です。

つまり「密着」

タニア戦でも同じような状況がありまして、当時のメンバーの方に「白さん恥ずかしがらずに、引くぐらい密着してください。」と言われた事を思い出しました。

リーフストーム後の赤丸範囲(アシッドレイン)を集める方法です。
今回、赤丸範囲を集めるのに「ヒラの所に集まってください。」と予め作戦を立てていましたが、実際にどれぐらい集まればいいのか、しっかり伝えるのを怠っていました。
前回のPTで、あまりに綺麗に集めることが出来たので、それが普通だと思っていた事が私のミスでした。
(赤丸3個が見事に重なり一つの円になっていました。)

今回、綺麗に集まらないなーと思っていたのですが、それはそうです。
私が集まり方を伝えていなかったのですから。
ちなみに前回は「密着しておいてください。」と言った気がします。

おそらくこれが侵攻編1層での最後の確認になるはずです。(そうあって欲しい。切実。)
「リーフストームが来たらスラッグ3匹湧いて、しばらくしたらアシッドレインです。」
「リーフストームが来たら集まってください。」
「集まると言うか、密着です。」
「恥ずかしがらずに密着したらクリアはもう目の前です。」

…たぶん、私が「密着してください。」と言っていたらクリア出来ていたんだろうなー。
そんなPTでした。

大縄跳びを揶揄されるゲームですが、大縄跳びに参加してみるとこれが結構くせになると言うか。
本当の大縄跳びを今回のPTでは実感していました。
緊張と言うべきか、興奮が半端ないです。

そして個人的に印象に残った事と言えば、今回参加して頂いたメンバーの方が数年ぶりの侵攻編参加で、実装当時の空気を知っていた方だったのですが、その方がそつなくこなす姿を見て「物語の助っ人救世主みたいだ…」と感服しておりました。
どこにでもありそうなレイドの野良PTでも色々なドラマがあるものです。

そして、次こそクリア出来たらなーと思っておりますが、何より大縄跳びも理解し始めると楽しいものですね!

Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl