Charakter

Charakter

Aile Dinrag

vom roten Sturm

Ultima (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 0

ぼっち勢、メインクエの旅#4

Öffentlich
 好きな次回予告はCRひぐらしのなく頃に叫で疑似三連嘘だ予告から次回予告挟んで罪滅ぼしリーチ入って外す次回予告。

 どうも、Aileです。
 ドラヴァニアの景色がよすぎてスクショが捗る。



~前回までのあらすじ~

 やっとの思いで2.xをクリアしたAileくん。
 タンク業にも慣れてきて、本格的にプレイが楽しくなってきたところ。

 だからこそ、そろそろぼっちは卒業したい!

 ビジネスぼっちのAileくんの明日はどっちだ。

~あらすじおしまい~



 前回の発生事象全てをリアルタイムで下書きにだらだらと書いていくスタイルが思いの外疲れるのと、その割に読みにくくて何だこれって感じだったので、今回はダイジェスト。
 ドラヴァニア着いたあたりまで。

・今回のストーリーは蒼天編のほぼ最初からスタート。

・暗黒騎士になるAileくん。
 暗黒だの闇だのダークだのと聞いて中二病を発することは無くなりましたが、代わりに闇野が頭に現れるようになってしまいました。
 野球アプリでやたら強いヤツじゃなくて、迷言製造機の方です。
 そんな僕ですが、母さん、元気にしていますか。

・その暗黒騎士でCFぶん回してレベル52まで上げた。
 今後、このメインクエの旅は暗黒騎士で進行することになります。
 パリィとか使い始めてからが本物のダークナイトやで。至る所に焚き火あるし。

・レベル上げの過程で軍票が溢れてしまったので、ダンジョンとか諸々やって階級を少尉まで上げる。
 ところでグラカンはウルダハに所属してるんですけど、僕つい最近まで追われてましたよね?
 普通に彷徨いてていいのかい? おい?
(なんか他の偉い人が裏で手回してたらしいけどヒカセンの影響力高いんだか低いんだかこれもうわかんねえな)

・西クルザスで一暴れする。
 ついでにフライングマウントの風脈も全部回る。
 ひたすら移動するだけってのもしんどいので、作業用ににじさんじチューリップ組の鍋パ回のアーカイブを流す。
 そしたら鍋が食べたくなってしまったので、プレイを中断して鍋を作って一番のヤツを決める。
 好きな鍋は中学の頃熱を出して学校を休んだその日の夜におかんが作った塩ちゃんこ鍋。

・ダスクヴィジルも攻略。
 Aileくん、ついにクルザスの空を飛ぶ。
 ちょっと感動した。感動したけど、この辺でのイベントは一通り終わったからもう西クルザスに来ることはほぼ無いだろう。
 飛べるようになったのに。

・キャッスルヴァ間違えたドラヴァニアに到着。
 不浄の三塔とかいう、S.E.E.S.とか自称特別捜査隊とか心の怪盗団とかが活躍するRPGの初代の裏シナリオみたいなところで聖刻竜ーシユウドラゴンみたいな見た目したヤツとお話したあたりで本日は終了。

 ざっとこんな感じのところまで来ました。
 ストーリーもどんどん面白くなってきて、フィールドも行けるところがどんどん増えていく。
 空も飛べるし、なんだこれFF面白いな。

 特段オチも思い付かないのでこの辺でおしまい。

 Ultimaで活動してるFCどこか拾ってください。
 当方、埃の被ったキーボードなら所持しております。賑やかし方についてはご覧の通り独り言だけは饒舌な典型的なキモ・オタクなので期待しないでください。
 さては拾われる気ないな?
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl