Charakter

Charakter

J'mahara Tia

Valefor (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

【RPer向け?】月刊ピックニャンvol.5【虚構新聞】

Öffentlich
※注意※
本記事はエオルゼアに有りそうで無い出来事やゲーム内のイベントを新聞風にまとめた記事です。実在の人物.団体.事柄とは一切関係ないフィクションである事をご理解下さい。
本記事に記載された文面は全てジョークですので、ネタとして閲覧ください。
また本記事はRPの場においてのご利用を許可します。会話のネタ等にご活用頂ければ幸いです。
───────────────────────────────────────────
月刊 ピックニャン 第七星暦元年 霊一月二十八日 第五号 @J'mahara Tia

【ハイブリッジ襲撃。盗賊団無事お縄。】

霊1月9日正午。東ザナラーンはハイブリッジにて突如現れたキキルン族の盗賊団によるチョコボキャリッジ襲撃事件が発生。現在は無事撃破し、負傷した旅行者と銅刃団の防衛部隊の治療を行っている。
事件当時キャリッジには黒衣森方面からの旅行者数名が乗車しており、ハイブリッジを渡ろうとした際にキキルン族と銅刃団による戦闘が開始。それとほぼ同時に盗賊団の別部隊現れ、御者諸共ウェルウィック新林方面へ引きずられかけた所を通りすがりの冒険者により助けられたのだと言う。
このキキルン族の盗賊団は以前より一帯で難民や今回同様キャリッジを襲うお尋ね者であった為、ウルダハの法にて処罰を受けた。

【タコのような妖異捕獲。動機は嫉妬か?】

霊1月13日。ウルダハのマーケットにてチョコレートの盗難が連続して行われた。犯行をしたと思われる小柄なララフェル族二名はすぐ勇敢なる市民により捕縛された。二名の所持していた麻袋には盗品と思われるチョコレートからカカオマスまでチョコレート菓子の材料に当たる物ばかりが入っており、転売又は食糧調達に今の時期は買い手が多く高カロリーなチョコレートを狙ったかと思いきや彼達は事件の元凶が居る事を明かした。そして灯台もと暗しというべきか、何と同マーケット内から大量の盗品チョコレートを所持した妖異が窃盗の容疑で逮捕されたのであった。逮捕された妖異は最近コロシアムにて頭角を現していたコンビ「テュポーン&オルトロス」の妖異オルトロス氏(自称ピッチピチ)
チョコレート窃盗の為にララフェル族二名を雇った事を認めており、今回の犯行動機に
「チョコレートが欲しかったんちゃう、チョコ如きに浮かれる世の中が憎かった、たるみきっている空気を正しかったんや」
「正義の為にとわいが見つけた答えはこれや」等と意味不明な供述をしており現在不滅隊はオルトロス氏の勤務先への連絡とオルトロス氏の精神安定の為女性隊員によるチョコの手渡しを検討しているとの事。


☆コラム【街道のよもやま―― アラグ文明のロマン】

ザナラーンの中央部から東部を貫き、黒衣森にまで通じる長大な街道――ご存じ、アラグ陽道である。

 その名のとおり、この道が開拓されたのは今から五千年も昔、アラグ文明の時代だったと言われる。すぐにはピンと来ない数字だが、かのクリスタルタワーをはじめ、遺跡や遺物の発見と学術調査により、我々は遥かな過去の超文明の姿を、断片的に知る事が出来る。

 さて、これは筆者が、その超文明の断片に出会った話である。
 先日、アラグ陽道を旅していた筆者は、昼下がりになってブラックブラッシュ停留所の近くまで辿り着き、そこで小休止をとった。真昼のザナラーンの陽射しは、旅人の体力を容赦なく奪う。丁度良く日陰になっている崖下に陣取り、水筒を取り出そうとした時、視界の隅で何かが光った。
 断崖の土壁に、硬質な物が突き刺さっている。近づいてみると、それが古い貨幣である事が分かった。冒険者には知る人も多いだろう、アラグ古銭である。鈍い銀色をしているから、錫貨か、あるいは銀貨か。
 筆者は軽い興奮を覚えた。これは考古学遺物に違いない。こんな所からアラグの遺物が出土したという事は、この近辺に未知の古代遺跡が埋まっているのではないか……?何しろ、そう、ここは『アラグ陽道』なのだ。
 慎重に土の中から古銭を取り出し、更に崖面を調べてみたが、他に遺物らしいものは見当たらない。一先ず、付近を哨戒中の鉄灯団に報告する事にした。
 鉄灯団の兵隊達は驚いた。しかし残念ながら、歴史的発見の予感に驚いたのではない。彼らはその古銭に、心当たりがあったのだ。
 彼らの言うには、数日前、そそっかしい運び屋が荷車を転倒させ、あろうことか線路の上に荷物をぶちまけたのだそうだ。折悪しく、列車がやって来る直前の事だった。
 その場に居合わせた皆が、大慌てで荷物をどかしたが、一点、貴金属製品の入った木箱だけが線路に残されてしまい、猛スピードで列車に撥ねられた。当然ながら木箱は壊れ、中身の金属品は車輪に弾き飛ばされて方々に散らばり、大変な有り様となってしまった。
 荷主はカンカンに怒り、運び屋は半泣きで散らばった品物を拾い集めた。幸いほとんどの品は回収され(ひしゃげたり壊れたりした物も多かったが、元々鋳潰す予定だった)、荷主の怒りは収まったが、結局、アラグ錫貨が一枚見つからず仕舞いとなった。
 その行方知れずの錫貨こそ、筆者の拾った一枚に違いない。まさか線路から離れた崖にまで飛ばされていたなんて――と、彼らは奇跡的な発見を、大いに喜んだ。
 かくして、筆者のアラグ文明遺跡との出会いは、あえなく幻となった。ほんの一時、歴史ロマンを味わいはしたが。
 なおアラグ錫貨は、概ね一枚25ギル程度で換金される。この後筆者が謝礼として、『コッファー&コフィン』にてゆうに25ギル分以上の酒食のもてなしを受けた事を、関係者の名誉のために付け加えておく。

(Manjiro Hanada)


【広告】
フレッシュな情報をいつでもお届け!ペーパーの定期購入のお求めはジャ・マハラ・ティアまで!
1ヶ月間の過去から最新のニュースまで全部まとめちゃいました!!月刊マガジンピックニャンの定期購読大歓迎。

☆貴方の自慢のお店、お仕事、告知してみませんか!?取材希望もジャ・マハラ・ティアまで!

───────────────────────────────────────────
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl