Charakter

Charakter

Rekka Whitestone

der Bewahrer Eorzeas

Valefor (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

FF14初心者が、迷いながらやるHUD研究(24)セリフ枠対策、敵対リストのキャスト表示活用等

Öffentlich
HUDをまた弄る。
・敵対リストを移動した。少しだけマイスターアキトさんの動画(HUD表示)の影響を受けている。
 >ボス等で出てくる「セリフ枠」に被らないようにした。これはバフ欄も同様。
  セリフの出現でHUD表示が遮られて、開幕の対応が2-3秒遅れることがあったため。
 >タンクロールでは、多数の敵を相手にしてキャスト技能を避ける以上、
  実践的に、フォーカスターゲットを凝視するのではなく
  「予兆」と「敵対リストのキャスト表示」を見なければ
  同時に襲ってくる敵技能に対応出来ないのではないか。
  よって、
  キャラクターの横に敵対リストを持ってきて、キャスト表示が目立つようにした意味もあり。
  (前提としてチルトカメラは100にしているので、コピーする方は注意)
 >最大8体を想定して画面下きっちりに合わせている。
  人数制限解除のサスタシャ侵食洞は、この調整に凄く役立ってくれた。

・パーティリストも移動した。
 >主に味方の生死確認と、デバフバフを見るのに使うので、この位置。

・目的リストの表示設定を弄って、ID中にダンジョン以外の目的リストが出ないようにした。
 キャラクターコンフィグ>ユーザーインターフェース設定>HUDタブ
 「目的リスト/コンテンツ情報を表示する」の下
  「インスタンスコンテンツ中は目的リストを非表示にする」チェック
  「パブリックフィールドのコンテンツ中は目的リストを非表示にする」チェック
  (後者はついで。多分FATE時やギルドリーヴの事を言ってるんだろうと思う)
 >この設定をした上で、
  上記「パーティリスト」は、
  おおまかにID中の目的リストとカブらない位置に置いている。
  目的リストの余計な表示が消えたことで、表示がカブらなくなってスペースを節約でき、
  空いたスペースにパーティリストを配置することで、
  画面下部のチャットログにかぶらせず、余裕で確認できるようになる。
  なんというか、詰め将棋ならぬ詰めHUD。

・ナビマップが100%になってせり上がった。
 >ビスマルク極などでは、天候を意識して動かなければならないらしく、
  戦闘時の背景を見れば解る向きもあるが、一応使えるものは使おうと思った。
  つまりナビマップの天候表示活用と、味方位置把握をよりやりやすくするため。
  最初は邪魔感があったが、数回IDを戦ったら気にならなくなった。


前回
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/31733040/blog/4558127/
次回
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/31733040/blog/4560492/

0回目(最初から読む):
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/31733040/blog/4523489/
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl