Charakter

Charakter

Yoma Maoh

Ramuh (Elemental)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 0

【漆黒】二人との再会!(前編)

Öffentlich
(漆黒編のネタバレを含みます!)




こんばんわ、🌱よまちゃんです!

(きょうのサムネ)

(FCのイオリさんがまたララフェル幻想してて拳をぐっと握るわたし)


今日もメインストーリーで面白かったこととか、気になったことをむにゃむにゃと!
前回、アリゼー・アルフィノと再会してね!って水晶公とお話したところからの再開。


~ アリゼーを探して ~

どっちでもいいみたいだけど、まずはアリゼーに会いに行こうかな~!っと思ったら。。
確かにあのタイミングで呼ばれたらそうなるよね。。どんまい水晶公w

というわけで、裏ザナラーン。。もといアム・アレーンに向けて出発!
(アマロで飛んでいくんだけど、飛ぶイベントシーンがなくてちょっと残念。。)


到着したら、まあザナラーンっぽい感じはするけど、全然違う。
ザナラーンは荒野って感じだけど、こっちは砂漠っぽさが強いかな。

そしてまたよくわからない名前が増えた。。覚えられない。。(;ΦωΦ)


モルド・スークに到着。
ザナラーンだとしっかりした石造り+金属の建物だったけど、ここではレンガ造りがメジャーなのかな。
でもレンガにしては、アーチのところとか不揃いだし、石積みなのかなあ。。ふしぎ。。

というか、上の飛び出てるとこ、どうやって作ってるんだろうね、ほんとに!
14のスタッフさん、飛び出して浮いてるトンデモ謎建築好きだよね。。w


~ モルドの市 ~

ここで新たに出会うコボルド枠のモルド族さん。
道中で見かけたギガテンダー、よろけるのが可愛かったけど、あれ食べるんだね。。w


START シャキーン

って「確認しろ!」じゃないよ。。!w
吹き矢イベントの使いまわし笑っちゃう。。w

気持ち悪いから拡大したSS貼らないけど、この左の白ミミズどうみてもカブトムシの幼虫っぽいのに、
よーく見ると足が8本あって、昆虫じゃないんだよね。。

他にも、原初世界も第一世界も、虫っぽいモンスターが居るけど、そっちは足が4本しかなくて
違和感がすごくて本物の虫よりぞわわわ~~~ってなるんだよね。。
気持ち悪いからSS貼らないけど。。!


~ 多分それは腹ごなし ~

どこ情報なの。。(;ΦωΦ)
まあ、大体は雑用とか、おつかいとか、後始末で引っ張りだこなだけだけど。。


~ 琥珀の砂漠を行く ~

テスリーンちゃん、家が近いのかもしれないけど、魔物がうじゃうじゃいて、
しかも罪喰いが出るかもしれないところをこの状態で帰るっていうのは、
多少剣術ができたとしても、さすがに危ないんじゃないのかなー。
もうちょっと荷運びの手段があっていいと思うんだけど、スゴイ天然さんなのかもしれない。。

あと、どこ情報ってなった評判はアリゼーかららしい!
ギムリトダーク直前のデレがずっと続いているのかも。

そっか~、アリゼーはそういう方向のキャラになっていくのかな?(*ΦωΦ)


そして目的地の旅立ちの宿に向かって。
光の氾濫が止まった端っこのところらしいけど、あれほんとに止まってるのかな。
毎日じわじわ侵食してきてる。。とかないよね?


~ あの娘の足跡 ~

罪喰いと戦ってたアリゼーを見つけて、ようやく再会!
ほんとこの双子ちゃんたちには、すぐイジるような選択肢を選んじゃう。。w

というか「本物!?」ってなに。。?w
そんなに日がな一日わたしのことが。。><
でもだめよ。。わたしにはカヌ・エちゃまが。。><


~ 罪喰い狩り ~

アリゼーは罪喰いがシンプルな敵って言うけど、うーん。。
元が人間なら、全然シンプルじゃないと思うんだけど。。うーん。。


~ 宿を発つなら ~
旅立ちの宿には歩くことも話すことも満足にできない人がいるけど、
エーテルのバランスが崩れるっていうのは、どういう状態になるんだろう?

だいぶ前に読んだ漫画で、とあるウィルスに感染すると、代謝ができなくなったせいで、
皮膚がどんどん硬くなって、手足が動かなくなって、口まで硬くなると喋れなくなって、
最後には人形みたいになって死んでしまう。。っていう病気のお話があって、
なんかそれに似てるな~ってちょっと思い出したり。こわい。


せっかくなのでアマロにも乗っちゃう。
最初来たときにイベントシーンがなくて撮れなかったので、ここでぱちっと。


~ いらないもの ~


思ってたとおり、やっぱりシンプルな敵じゃなくなった罪喰い。
こう。。倒してもスッキリしないような設定は、だれの好みなんだろう~?

にしても、これ。。立ち会ったのがアリゼーじゃなくてアルフィノだったらヤバかっただろうね~。。
毎晩悪夢にうなされて、ただでさえ華奢な身体がいっそう細くなってしまいそう。。


そんなわけで、アリゼーは一旦クリスタリウムに戻って、わたしはアルフィノを探しに。。!

後編につづく~🐣



Zum Anzeigen klicken Zum Verbergen klicken
書きながら思ったけど。。テスリーンは心のどこかで「諦め」のようなものがあったのかなあ。
モルド市のそばだと、活気にのまれて気にならないけど、旅立ちの宿で明るくしてるテスリーンは
ちょっと無理してるようにも見えちゃう。

戦闘がメインじゃないとはいえ、あれだけの身のこなしをしながら、やけに装備が軽装だし、
一度は諦めて親を捨てにきて、そこで生活するうちに。。というお話だったけど、
それでも状況が変わらない毎日で、いつか襲われて命を落としても、それはそれで。。みたいな。

「ゴメ…ネ…アリゼ…」って最後のセリフも、自分が罪喰いになってしまったからっていうよりは、
そういう気持ちから出た言葉なのかもって、ちょっと思ったり。

でも、闇の戦士の伝承、『命を刈り取り、天の暗き海に返す』ってところで、
テスリーンは「命を返してくれるところが好き」って言ってたけど、まだ救いはあるのかな。

ほんとこういうキャラすぐ死んじゃうのなんでなんですか。。? よしださん。。?


あと、テスリーンを刺した罪喰いさん、めちゃくちゃ見覚えがあるんだけど。。
最近やった学者のジョブクエでも出てきた気が。。アムダプールだったかな?

何か関係があるのかな~?






🌱 おまけ 🌱

こわーい画像のまま終わるのもアレなので。。

レイクランドお散歩中に見つけたこれ。何なんだろう。

アマロの発着場所は丸い床だったから、多分別の何かだと思うんだけど、
原初世界でもあった似たような建物。。これは飛空艇の発着場所なのかな~。

クリスタリウムのマップに「飛空艇桟橋」って場所があったから、
飛空艇自体は第一世界にも存在してるっぽいんだけど、どういう乗り物なんだろう~。

同じハイデリンとはいえ、すごい昔に世界が別れてしまってるはずだから、
飛空艇が存在したとしても、原初世界とは成り立ちそのものが違うだろうし、気になる。。!

でも、飛空って言うぐらいだから、やっぱりお船の形してるのかな。



もうちょっと歩いたところにある、古いお城跡で撮ったお写真。

クリスタリウムから銀泪湖(?)まで、ぐるーっと見渡せてきれい~!
ここにきてやっと例の湖の全貌を見れたけど、でっかい謎の亀島みたいなのもあるし、
やっぱり大陸地図レベルでは原初世界と似てるけど、細かくは全然別ものっぽい。

来た当初は、鏡像世界だし、原初世界をコピペしてちょっと弄っただけかも。。
とか思っちゃったけど、全然そんなことなくてあらためてびっくり。
(開発スタッフさんごめんなさい。。w)

他の地域も行くのがたのしみだ~!

そいえば、またいつだったかの配信で、よしださんがゼルダはやばい!って言ってたけど、
14だってここに見えてるところはだいたい行けるわけだし、6年前のゲームにしては全然すごいね~。




湖のほとりに出たところで、Aモブハントツアーさんたちと出会ったので
討伐開始までベッド広げて一緒にのんびりまったり~。

このときはまだマップも全然埋まってなくて、もちろんマウントで飛ぶこともできないので
この1匹を倒したところで、わたしは皆さんを見送って、メインクエストを再開。

また今度見かけたらモブハントツアー参加したいな~!


Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl