Charakter

Charakter

Kei Iek

Carbuncle (Elemental)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 2

カッパーベル。書き始めた時は、カッ「タ」ーベルと思ってました。

Öffentlich


グランドカンパニー入団先決めで、各地を回っていました。

リムサ・ロミンサとグリダニアでのクエストが手付かずだったので
手始めにリムサ・ロミンサの街を巡りながら、クエストを消化。




その裏で、コンテンツファインダでカッパーベルを申請。

初めて死を味わったカッパーベル。
巨大スライムさんのギミックを知らず。
まったくライフが減らないから「まぁ、ボムだからって死なないでしょ」と殴り続けてたら。。。


そんな想い出深いカッパーベル。

そんな巨大スライムさん戦。
一旦は慣れたもんで、ボムの自爆が始まったので範囲に逃げたのですが。。。

不運な事故。

タ ン ク さ ん 爆 死 ! ! !


タ、タタタ、タンクさーーーん!!!!

色々事故っちゃったのか、ダンジョンのスタートライン?まで戻ってしまい。
※蘇生を受けない場合、どうなるのか分かっていません。

残った三人は、格闘士の私、弓兵さん、白さん。


こ、これは。。。

やるっきゃないじゃろ!!!

「格闘士だってタンクの真似事」ができるって、どこかでみた!!!

行くぞ!金 剛 の 構 え ! !

ただ、如何せん、どうやってヘイトを自分に向けるのか分からず。
とりあえず、自分以外に向いていそうな奴を殴る、殴る、殴る。

とりあえず、スライムさんは乗り越えました。
と言っても、ヒーラーさんがしっかり回復してくれてたからですけどね。ふふふ。。。

その後、タンクさんと無事合流。

あとは、平穏無事に抜けました。


楽しかったー!
Kommentare (2)

Barst Dosucalt

Tonberry (Elemental)



攻撃を始めると、敵1匹1匹に対してPTリストにある自身のJobアイコン下にヘイトバーが表示されます。(敵のタゲを変えるとこいつはどれだけこっちはこんだけと敵ごとに稼いだヘイト値がバーで表示されます)
このバーの真横に数字が表示されますが、それがその敵に対してヘイト何位なのかという表示です。
A>1>2~と表示があり、Aというのが一番ヘイト値を稼いでいるという表示になります。
ヘイト値はタンクさんのヘイト値を稼ぐスキルの他に攻撃でも稼げます。
また、回復するという行動でも稼げるので場合によっては回復魔法が使えるJobがヘイトAになる可能性もあります。(稼げるヘイト値は微々たるものですが、回復アイテム類でも稼げます)


4人コンテンツならばA>2>3>4で1の代わりにAが表示されます。
1が表示されるコンテンツは後々出てくるので、頭の片隅にでも入れておけば良いかと。




Kei Iek

Carbuncle (Elemental)

>Barst Dosucaltさん

コメントありがとうございます!
遅れ馳せながらの返信となってしまいましたがご容赦ください。

当時、継続して攻撃していない敵がヒーラーさんに向かって行くことがありましたが
回復行動でも敵視を向けられるからだったのですね。

丁寧なご説明ありがとうございます!
勉強になります!
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl