Charakter

Charakter

Kei Iek

Carbuncle (Elemental)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

蒼天3.4を踏破。。。その1!

Öffentlich
正直がっつりと出来るタイミングが、もはやこのタイミングしかない。
だから、もはやストーリー進行に命を削ってる感がありますが。。。

死中に活あり!!!

という訳で、何が私を駆り立てているのかはさておいて
蒼天3.4を踏破しました。。。が!

マジでSS撮り過ぎです。。。
そして涙腺が次元圧壊を起こしたので、目がヤバイ(  ³ω³ )


刻んで行こうと思います!
というわけで、怒涛の蒼天3.4の内容になるので念のため隠し隠し
Zum Anzeigen klicken Zum Verbergen klicken
闇の戦士達が、なぜ蛮神を狩るのか。
それは蛮族達の不安をあおり、その不安に対して力で安心を得るために蛮神を召喚し、
その蛮族を狩り、より強い蛮神が召喚され、またそれを狩る。
そうすることでエーテルを吸わせ、次元圧壊を起こそうとしているようですね。

そしてKEIさんは、助言を求めるべくウリエンジェさんの所へ。
その際アリゼーちゃんも同行します!!!
というか、蒼天3.4は常にアリゼーちゃんがいます!やったーー!

懐かしいですね。。。大迷宮バハムート

。。。おや?
これKEIさんが女性キャラだから良いものの、男性キャラだったら。。。
アルフィノはお兄ちゃんとして、少し心穏やかじゃなかったんじゃない!?

ちゃんと、バハムートクリア時の目標も覚えてくれてます。
これバハムートをプレイしてるのとしてないのとで、セリフ変わるんですかねぇ。。

それはそれとして
ウリエンジェからコボルト族がタイタンの再召喚を目論んでるとのことなので、
それを阻止しに行くんですが。。。

あの、もう。。。悲劇が待っています
コボルト族の子供、ガ・ブくんです。
ガ・ブくん。どうやら両親を「ニエ」として連れていかれたとのこと。
要するに生贄です。より強い蛮神を召喚するための。
生贄を必要とする神なんてモノは、往々にしてマトモなもんじゃありません。

そして、ガ・ブくんと協力して、タイタン召喚を阻止しに奔走するんですが。。。
うむ。。。


アルフィノは、コボルトの司祭に交渉を持ち掛けるのですが
もはや、人に対する恐怖が植え付けられてしまっているコボルト。
聞く耳を持ちません。

そしてずっと

ガ・ブくんが返事をしない、父母に呼び掛けてるんですよ。
無理ですって。。。涙腺の1回目の次元圧壊でしたね。。。
1つの鏡像世界が統合されました。

そして、ガ・ブくんの嘆きに呼応して。
タイタンは顕現を果たします。。。

この後、タイタンを討つことになるんですが
真級タイタンなので、内容としてはそこここ。

タイタンを討っても、何も解決はしません。
ガ・ブくんは召喚の際にテンパード化してしまったのか、はたまた父母の死のショックか。。。
口もきけず、感情もださず、生きるという行為を諦めたような状態となってしまいます。

そんなガ・ブくんに対して身を寄せるアリゼーちゃん。。。
私にも寄り添ってくれ!
それはそれとして

大迷宮バハムート後。
別々の道を歩んでからのお話をした後。
こんな可愛い事を言い始めるアリゼーちゃん!!
アリゼーちゃんの可愛さに
涙腺も少し落ち着くかと思ったら。。。まぁ、私が選択肢を選んだのが悪いんですが。

そう。。。バラバラだったんですよ、ホント。あのデコボコ一行は。


だって英雄だからね。。。という訳で2回目の涙腺、次元圧壊です。



その後、タイタンを討った事を報告に石の家に戻る事になるんですが、
コボルトのガ・ブくんは衰弱のため連れていけません。。。



ここら辺までくると分かったことが1つありまして。
度重なる次元圧壊によって、もはや涙腺の防御力は皆無になっています。
つまり、3度目の次元圧壊です。


ガ・ブくん。少しでもいいから、今後出てきて欲しいなぁ。。。

タイタン討伐の報告に際して、鏡像世界が原初世界に統合される際のシステム的なお話が。

鏡像世界が原初世界に統合される際。
鏡像世界の生命は例外なくエーテル体に変換されるようです。。。
つまり、鏡像世界の生物は死ぬということ。

しかし、統合がされなければ光の氾濫により『無』となってしまう。
無になれば、それで終わり。
輪廻すら存在しません。

だからこそ、たとえ生物的に死を迎えようと、エーテルとなって原初世界に統合され、
転生することで第一世界を救う。

闇の戦士は、自身の世界を本気で憂いているのです。。。


まずはここら辺がキリが良いんじゃないですか!?

Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl