Charakter

Charakter

Zhloes Freundin

Charge Sun

Masamune (Mana)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 0

30過ぎて始めるFF14 ~ちょっとした気持ちで始まるジ・エンドコンテンツ~

Öffentlich
どうも、先日は私のロドスト史上最長の日記をアップした、ため3です。
自身の最長は、前にやってたブログの1万1400字。3日ぐらいかかって書きました。
それに比べれば、実働3時間ぐらいで6000字は自己記録かもしれない。

読む気無くすけどね(^▽^;)

ロドストの文字数制限は1万文字。
ある程度、取捨選択して、ブログの方に書くのも考えないといけないかもしれません。

先日の配信の振り返り。

期待の新人 一式屋さん。1週間で14万ギルを売り上げる!

日課のリテイナーチェックで、一式屋さんの品数が17個から8個に減っているのに気付く。
用意していたレベル15のギャザラー装備一式とレベル15のクラフター装備の一部が売れました。
売り上げは1週間で14万ギル。
今まで色んなことして、手元に残っているお金が100万ギルくらいなので、
一人の売り上げでこのスピードは驚異的( ゚Д゚)!

広告を出して手売りするという社長の方針を180度切り替え、広告なしのオンライン販売。
しかも、まとめ売りでなくばら売りすることで、継続的な売り上げを確保。
商品の補充も即日に行う、商売人の鏡!(商品は社長に作らせてます)

商品の棚が足りなくなってきたので、先輩方のスペースを確保。
2号店、3号店と拡大していく予定。

激務に耐える社長のモチベーションは、貯まっていくギルと、
着実に増えるギャザラーとクラフターさんです(リテイナーでも可)

残念ながら、買い手との距離は遠く、SS撮る機会が減ってしまったけど、
これが現代の商売なのでしょう(´・ω・`)

レベリングで初ダンジョン

日課のレベリングは、トライエさんビーデーさんが来てくれたので、3人で挑戦。
野良の学者さんを迎えて、いつも通りシャキッたらムービーが流れ始める。
場所は『流砂迷宮 カッターズクライ』

基本的に流れでダンジョン開放してるので、クリアしてないダンジョンなんて無いはずなのですが、
敵で現れる蟻を見て思い出した。
以前、ちくわさんの青魔導師レベリング教室の際、レベルに合わせた装備が無かったので、
解放したダンジョン。時間の関係で結局いかなかったけど(笑)

レベリングで初ダンジョンという事で、緊張の中始まったのですが、そこはベテラン二人、
中ボスまでは問題なく行けます。

一人目の中ボスは、名前的に女王蟻。
トライエさんが、ヒラさんに「マラソンお願いします」と言って、ヒラさんも「了解」と返す。
マラソン(´・ω・`)?
ずっと頭にクエスチョンマークを浮かべながら、特に問題なく討伐。
戦闘終わったあとに、ずっと分からないアピールをしていたら教えてくれた。
ヒーラーさんに頼んだマラソンというのは、このステージは雑魚敵が湧いてくるので、ボスに攻撃を集中させるため、ヘイトの取り易いヒーラーさんに雑魚敵を引っ張ってもらうことだったみたいです。
なるほど、勉強になる( ..)φメモメモ

振り返って思ったのですが、30のおじさんが、分からないアピール…(# ゚Д゚)イラッ
今度から、普通に自分で調べよう(´・ω・`)


その後のワームみたいなボスでは、トライエさん以外1乙したかな…
ワームの地面から出てくる攻撃が、範囲が出ないので読めず、結構当たってしまった。
しかも、途中蟻地獄みたいな技があるのですが、その技に当たると被ダメ増の汚泥状態になるみたいで、エスナが無いと1撃死。
さっきから、ヒーラーさんが忙しいダンジョンです。

最後の敵はキマイラでした。
こいつは、攻撃範囲が出てこなかったので、避けられずに食らっていたら1乙。
ヒーラーさんも落ちてたので、走って復帰しようとしたら道に迷う(;一_一)
迷ってる間にボス討伐。雑魚敵に殴られて、脱出口まで強制送迎。
つらい戦いでした(´・ω・`)

キマイラの見えない範囲攻撃は今後もあるそうで、覚えておくと良いらしい。
雷の予兆は近づく、氷の予兆は離れる。いつか、覚えたことが発揮されるでしょう。

レベリング終わったあとはメインストーリー

ナナモ殿下とロロリトの話がまとまったので、リセに提案しに行く。
提案は喜んで貰えたのですが、ウルダハ出資では後が危ないと、財宝を換金して
共同出資という形にした方が良いとアルフィノが提案。
ロロリトには気を付けないとと言ってますが、何でアルフィノがこんなにビビってるんだろう( ゚Д゚)?
クリスタルブレイブの件で苦手意識をもってるのかな。

製塩については、村おこしもしないといけないといけないので、ウィスカーとそのおじいちゃんに
お願いをしに行きます。
おじいちゃんは、フォルドラを殺せと言っていた人に対して、
前にも進まず、後ろを見てばかりと苦言を呈します。
流石、含蓄ある言葉。

村おこしについては問題ないのですが、周辺に居る魔物をどうにかできないかと相談を受けます。
魔物を倒す部隊を編成してもらうのも良いのですが、ある程度自分たちでも対処出来た方が良いという事で、ウィスカーを連れて、ため3のモンスター弱点探しツアーが始まりました。

しかし、ウィスカー君は優秀すぎる(´・ω・`)
弱点を暴いて教えたら、一発でモンスターを討伐してしまう。
あなた、普通に戦っても勝てるよ( ゚Д゚)ツヨイネ

おじいちゃんに伝えると、強くなったウィスカーを誇らしそうにしてました。
彼らに任せれば、何とか上手くいきそうです。

話もある程度まとまったところで、今度はラウバーンから相談事を持ちかけられる。

ナナモ殿下の事かと思ったら、なんと、クリスタルブレイブの裏切り者、
ココハセとローレンティスが捕まったとのこと。素晴らしい(*´▽`*)
裏切者具合で行ったら、イルベルトよりムカついていたこの二人。
神龍を呼び寄せる時にも、仲間を生贄に捧げるためのボタンを押してから、
まったく行方知れずだったのです。

ラウバーンはこの二人の処罰はどうすれば良いかと聞かれて、迷わず極刑を選ぶ私。
視聴者の方に、すぐ殺すって言ってたら、昨日の村人と一緒じゃないと諫められるも、私は変わらない。

理由を単純に答えるなら、裏切者でムカ着火ファイヤー。

ちゃんとした理由を考えるなら、フォルドラさんも含め、帝国にしても戦争が起こる環境においては
至極真っ当。
これは、人を守るために蛮族たちを脅かしていた、リムサロミンサでも触れられていたこと、
正義というのは互いの立場によって変わる。
向こうは帝国という立場で、こちらは友人の国を守るという立場で、ちゃんと戦った。

でも、こいつらは違う。金のためか恨みなのか知らないが、自分たちは高みの見物、
信じてついてきた人たちを生贄に捧げる計画を立て、実際に味方も帝国も含めて甚大な被害を出した。
ローレンティスはビビってついていってるバカかもしれないが、一度は見逃したのに、
二度目も踏み外した。
絶対に許さん(# ゚Д゚)

ラウバーンからも特に何も言われず、少し歩かないかと誘われる。

相談というよりは、自分の意思を私を通して確認してるみたいで、
ナナモ殿下の剣であると言い聞かせているみたいだった。
ピピンにも見透かされているようで、本当にいいのかと確認されてるラウバーン。
意思は固いようだが、果たして…

話を終えて戻ると、テンパードになっていたアナンタ族のカリヤナ派が、
部族が集まる会議に参加させろと詰めかけているらしい。
無茶苦茶やってるのかと思ったら、普通の意見として参加させてくれと言ってるので、
別にいいじゃない(´・ω・`)
クリスタルとかも預けると言っているし、テンパードになって来るわけないと思ってたからって
騒ぎ過ぎよ。

カリヤナ派も含めて、会議は玉座の前で行われた。
新たな王を出すかというリセの問いかけに対し、首を振る族長たち。
部族同士、上下もなく、車座になって床に座った。
共和制としたいリセの目標は、また一つ成ったようだった。

意見を言い合う中で、カリヤナ派の番となる。
族長は、人間だけでなく皆に伝えたいことがあると言って前にでる。
「美神ラクシュミー様を信仰しろ!」
信じてたのによー(゚Д゚;)!

けど、この戦いは普段意識してない、普通の人が蛮神と遭遇する怖さがしっかりと出されていたので、
言い方として正しくないかもですが、面白かった。
ラウバーンや、ヤ・シュトラさんたち、歴戦の強者だとしても、蛮神のテンパード化には抗えない。
越える力を持つ私とアレンヴァルドで、皆を守る戦いを強いられます。

助けを呼んでくるというリセ。近くにいる、越える力を持っている人は
クルルさんぐらいだと思うけど(゚Д゚;)

防戦一方な二人、相手からすればただ弾をばらまけば良いだけ、
明らかに処理しきれない量の攻撃が、皆を襲います。
攻撃が皆に迫る中、助けに来たのはフォルドラさんでした(`・ω・´)!

必死に守ってくれる彼女が力尽きないよう、全力で私とアレンヴァルドは攻撃を加えます。
彼女のエーテルの残量が20%を切りそうになったとき、ようやくラクシュミーを討伐出来ました。
フォルドラさん、死にかけてないよね(´;ω;`)?

敵を退け、落ち着いた村人たちは、守ってくれた人がフォルドラさんだと気付きます。
彼らの胸に湧く、髑髏連隊によって受けた傷が、フォルドラさんに叩きつけられます。
剣を落とし、牢に戻っていくフォルドラさん。
その背中に、村人のじいちゃんから、髑髏連隊を絶対に許さないと声をかけられます。
少し立ち止まるフォルドラさん。すぐに歩き始めます。
そこにもう一度、「でも、救ってくれた事に対しては礼を言う」と言われた。
大粒の涙が一つこぼれる。
フォルドラさんの顏は見えませんでしたが、心なしか前を向いて歩いているように見えました。

ここは凄い高ぶるポイントでした。フォルドラさん、応援してます!

ラクシュミーの件がかたづいたら、今度はクガネのハンコックから相談を持ちかけられる。
戦争でなくても、ヒカセンは忙しい(;´・ω・)

現地に着くと、久しぶりのタタルさん。私からすれば、ロロリト以上の商人。
スーパータタルさん。相変わらず可愛いです。

ハンコックの相談は、最近帝国軍の動きが活発になったこと。
その原因は、ドマの代理提督だったヨツユの目撃情報にありました。

紅蓮の最後で、木が一本しかない、小さな島に流れていたゴウセツとヨツユ。
途中、クガネに辿り着いていて、ヨツユが幼児退行しているようだったところまで確認しています。
ハンコックさんに助けを求めれば良かったのに、どこに行っているのか…

時間も遅いので、次で最後にしようと思っていた私の頭上に、仁王立ちするララフェルが!
視聴者のエルエルさんでした。

どこから上ったのか、気になった私は師匠に登り方を教えてくださいと頼む。
それが、エンドコンテンツともいえる、高難易度クエストの始まりとも知らずに…

零式クガネ 絶対登不(ぜったいのぼれん) 潮風亭

これは文章では伝えられない(´-ω-`)
ブログに載せるときには、写真も交えて伝えたい。この難しさ。

言えることと言えば、ここから50分ほどおじさんが苦しみ続ける声が、
延々と登ったり落ちたりする動画とともに流れ続けたこと…
それに、エルエルさんを付き合わせてしまったこと…
本当にごめんなさい。本当にありがとう。

苦しみというけれど、やってる私はめっちゃ面白かったです。
動画でも言いましたが、プレイヤースキルでしか登れないので、
どんどん上手くなっている自分が感じられて、登ったあとの景色も綺麗。
MMORPGで、こんなところまでコンテンツにしてしまう、スクエニの人凄い!

手が、最後の方は力が入って強張ってしまったし、
手汗は血が出たのかっていうぐらいびっしょり。
満身創痍だったけど、それだけ真剣になってしまうほどでした。

しかし、気合いではどうにもならず、普段の終わりより30分すぎたころ、挑戦は断念。
イージーな方の登山を攻略して、この日は終了。

寄り道の方が本気、それが私 _(:3 」∠)_


今日の予定

19時 レベリングと吟遊詩人クエスト
20時 メインストーリー

2号店拡大に向けて、商品を準備していく。
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl