Charakter

Charakter

Askalons Ende

Haruna Himemiya

Carbuncle (Elemental)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 3

Mac版 解像度と画角とパフォーマンス

Öffentlich
こんばん、Haruna Himemiyaです(ノ)・ω・(ヾ)

今日のお題は、
Mac版の特異な点、画角と解像度とパフォーマンスについてです。
まずは、こちらのSSをみてください。



一番目は2560*1440、二番目は2560*1080、二番目のSSを見るとわかりますが、なんと解像度が下がっているのにも関わらずfpsが12も下がっています。

どゆこと( ゚д゚)?と思ったそこのMacヒカセンさん。

初めて、Mac版が発売された時にフォーラムにリードプログラマーの春日氏がMac版のプログラムスケジューリングについて、キャラクターなどの表示数が多くなるとパフォーマンスが下がるのはMacの特性と言っていましたが、恐らくこれのことです。

Mac版のパフォーマンス(fps)を決定するのは、どれだけ多くのオブジェクトが映っているか
街なかなど他の場所でも試しましたが、Mac版は表示範囲が広くなると同一画面内のオブジェクトの数が多くなり、それによりパフォーマンスが下がってしまうようです。
なので、解像度の高さよりも、画角が広くなる方がパフォーマンスが下がってしまうものと思われます。

パフォーマンス(fps)を上げるなら、解像度よりも画角を下げる
よって、Mac版でパフォーマンスを上げたい場合は解像度よりも画角を下げる(21:9よりも16:9の方)のが効果的のようです。
場所によりますが、少ないところで3fps前後、多い場面だと10fps以上の差がでました。

ただし、画角を減らしても解像度を上げるとGPU負荷が増えるのは変わらない
ややこしいのはGPUの負荷が増えるのは解像度が高い方なので温度は解像度が高い方が高くなります。そのあたりはご注意を|д゚)

補足
あと、余談ですがこれはfps制限を無制限にして撮影していますが、普段は60、ないしは30fps制限推奨です。
無制限にするとGPU負荷もそうですが、垂直同期が無効になるので、ティアリングがすごいです。

それともう一つ、オブジェクト数が少ない所、例えばリムサの平地など、LODを切ってもあまり変化がないマップなどfps無制限にすると80とか90出るような場面では解像度が低いほうがパフォーマンスが上がります。
Kommentare (3)

Anne Blythe

Mandragora (Mana)

どうやって今fps出てるのか調べるのかと思ったら、システムコンフィグ開いておくんですね(* ゚ω ゚*)
ということを、この記事で学んだあんぽんたんです。アンだけにorz

ダンジョンでもシステムコンフィグ開いておくんでしょうか?(*゚ω゚*)

今度調べてみますね!(* ゚ω ゚*)ノ

Witoe Blil

Zeromus (Gaia)

おお〜難しい横文字がたくさん!

つまり描画に命かけすぎてほかの事ができなくなるタイプなのか……

ひとつ賢くなった!

Haruna Himemiya

Carbuncle (Elemental)

あんねさん
システムコンフィグでfpsは確認できます!
常時開いておけば、変化もわかりますよー

ういーとさん
欲張ると遅くなるみたいです(・・;)
画面比率は16:9がいいみたいです!
しかし欲張りたいはるなさん・・((
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl