Charakter

Charakter

Makai-Meister

Ren Haduki

Fenrir (Gaia)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Diesem Charakter folgen?

  • 0

年明けトリプルトライアド大会

Öffentlich
え、今頃書くの?→ずっと書こうとは思ってたんだよ!!思ってはいたんだよ……。

1月3日、僕の発案でFCで新年トリプルトライアド大会を開きました。

思いの外盛り上がったカスタムトーナメント面白い。


■大会形式

カスタムトーナメントを使って3セット行い、各セットごとの優勝者と3セットの勝ち点の合計による総合優勝、及び準優勝者に景品を贈呈。

カスタムトーナメントは1セットごとに3戦行うので合計9戦行うことになる。

 ▼カスタムトーナメントとは?
  パッチ5.4で実装されたユーザー同士で行うトリプルトライアドの大会形式。2~8人でPTを組んでCFから申請する。

  【ここが良い!】

    ・新対戦形式ドラフトカードを持ってなくても参加できる!
     トリプルトライアドの鬼門はなんといってもカード集め。数々のNPCのくそややこしいルール、運ゲー、理不尽な強カードデッキ、勝ってもドロップ運ゲーなどを相手にしなければならない。そのカード収集をしてなくていい。
     その場で合計15枚のカードがランダムで提示されるので、即席でデッキを編成して戦う。
     とにかくカードを持ってなくてもいい

    ・分からなかったらデッキはおまかせ!
     いくらカードを持っていなくてもいいとはいえ、ド素人が配られた15枚でその場でデッキを組むのは難しい。だからオススメボタンにおまかせ。ほんの少し慣れてるけど一から構築する余裕はない僕は、とりあえずオススメで組んでざっと中身をみて、そこから少しだけ調整しました。ぱっと見で弱点が偏ってたらカバーするカードを入れたり、普段から使ってる慣れたカードがあったらいれたり。


 デッキ構築画面はこんな感じ。とりあえず【おすすめ選択】で適当に強いカードで組んでくれる。

    ・8人揃ってなくてもいい!
     8人バトルコンテンツに身内だけで突入したいときの鬼門は人数集め。少人数のコミュニティしか属していないと8人集めるのは割と骨が折れる。麻雀に関しても4人いないとできない。でもこれは人数が揃ってなくても空席をNPCが埋めてくれる。今回は7人集まったので、7人でPTを組んでCFから申請。NPCが1人だけ混じった8人で対戦を行いました。

  そんなこんなでカード収集の有無を関係なくお手軽参加できます。今回初めてカードを触った!って人もいました。

 あ、そうそう、ゲーム中ちゃんとチャットはできるよ!(GSでやってるオフィシャルトーナメントでは対戦中チャットが不可)

■さて本戦です

前述の通り集まったのは7人! うん、ちょうどいい、そこそこ集まった。前述の通りカードはじめて触る人も。でもいきなり申請できない問題。まぁ、なんてことはない。コンテンツ開放は必要でした

ゴールドソーサーへ行ってまずトリプルトライアドそのものの開放。初めて触った人はそもそもカードを開放してなかったらしい? 事細かに聞いてないからよーわからん。
次にトーナメントの開放。カードスクエアにいけば開放NPCがいるので話すだけ。
どっち道ゴールドソーサーにいってNPCと話すだけなのですぐ終わります。8人で新生極いこうとして「開放してなかった!」ってなってたのが懐かしい。イフタコガルが順番あるから面倒だったんだよな……。

さて、気を取り直してCFのゴールドソーサーのタブからカスタムトーナメントを申請!!




案の定
いや、この面子の中では僕はカードになれているほうだとは思ってはいたんだが、たぶん2番目で、一番強いと思ってた子が優勝。僕は1位か2位に3ラウンド目でボロ負けした。

こんな風に3回戦(3ラウンド)で1セット。で、勝ち点で優勝が決まる。

今更ながらトーナメントの勝敗の算出方法だけど

 勝てば勝ち点 +2
 引き分けで +1
 負けで +0

の加点方式で勝ち点を競って最終的に勝ち点の一番多い人が優勝

1位同着の場合は得失点差で決まる。
得失点差は勝利したときに相手よりとったカードの数が多いほど増える。とりあえずできるかぎり圧勝したほうが良いというわけ。得失点差は負けたときマイナスになる


さー2回戦いってみよー。



やったぜ

さっき1位だった優勝予想の子が何があったか6位に沈んだ。これは……どうなる??



オールドロー

3セット目、ラウンド2、全組ドロー。こんなん笑うわ!
ちなみに僕は1ラウンド目で勝った者同士でドロー。対戦卓2も同じかな?

さぁ、3ラウンド目、いってみよー!




またドロー

どうやらオールドローだったせいで全組対戦カードが変わらなかったらしい。で、僕は2連ドロー。他は勝敗がついたようだが、2卓がまだ終わらn……



○○ろさん優勝

僕がドロー試合してる間に2卓で勝敗がついて抜かれた。しかも優勝候補(私見)を下して。



さて、3セット終わったので総合優勝を決めます。総合優勝は3セットの勝ち点の合計点で判定します。

紙のメモ帳をにくっそ汚い字で得点を記入して念のため電卓(100均で買った物理的な)で計算。






あ、優勝僕だわ

やったぜ。




どういう結果になったかというと

7位:6ポイント (1勝もできなかったらしい)

6位:7ポイント (はじめてカードにさわった)

5位:8ポイント (3セット目で優勝したものの1セット、2セットの得点が酷すぎてこの順位に)

2位×3人 :10ポイント

↑ここに人が詰まった。
優勝候補(私見)は1セット目で優勝したものの2セット目で6位と大敗したのが痛かった。
1セット、2セット目で2位とった子は3セット目が振るわなかった。
最後の1人は6位→2位→2位。最後に僕とドロー試合とかしてたから……。

1位:12ポイント 僕

結果として3位→1位→2位と上位をキープした僕が優勝、おめでとう自分。優勝するとは本当に思っていなかった。言い出しっぺだけど。


さて景品ですが、うちのFCのチェストのは結構資金が余ってるというか、そう多いわけでもないけど減らないから、せっかくだしちょっと多めに持ち出した。

各セットごとの優勝者には80万ギルずつ贈呈

そして優勝者、準優勝者には100万程度の選べる現品の贈呈
現金もいいけど現品があるのも嬉しくない??ってことで、相場100万ギル相当のものをガイアDCの全ワールド巡っていくつか揃えた。

うん、地味にがんばった。

マケボをみてこれかな?って感じであたりをつけて最終的に用意したのが以下の目録

 ・カーフレザー×2枚
 ・演技教本:チョコボの筆
 ・演技教本:寒がる
 ・マジックベッド

実際はこの3倍?4倍以上?メモ捨てたから忘れたけどいろいろチェックした。で、4種に絞り込んで一番安いワールドで購入。レザーはさすがに素材1枚だと足りないから2枚セットでちょうど1Mだった(当時価格)。


で、まさかの僕が優勝してしまったので、マジックベッドを選んだ。いや、ほんとに自分が貰うパターン考えてなかったからどれにしようってなったわ。

そして準優勝者には前述の目録から余ったモノから1つ。価値で言えば優勝と変わらないから、やっぱり優勝者にはもうちょっと色つけようかな?って大会中こっそり思ってたけど自分が優勝したからやめといた。

で、優勝が同着いた場合は得失点差の合計で決めようかと思っていたけれど、準優勝はなんかもうめんどくさいしそのばでダイス(/random)やってもらって決めた。誰が勝ったんだっけ、それでチョコボの筆もってった。

残りの余った景品は売り出して現金回収。レザーは安くなってたけど寒がるは高く売れたような? あとマケボ巡りしてる途中でみつけた他の品の転売も成功した。
今後は有り余るカンパニークレジットでまたマジックブルームを売ってコツコツためていこう。










あ、ちなみに毎回ブービー賞には定番の染色サブリガ押しつけました



ことある毎に配ってるのに未だ在庫が無くならない。

※ピュアホワイトとジェットブラック
Kommentare (0)
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl