Charaktere

Charakter

Blaublut

Tatan Starling

Pandaemonium (Mana)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

Profil

Werte anzeigen

Volk / Stamm / Geschlecht

Miqo'te
Goldtatze / ♀

Namenstag

17. Sonne im 3. Schattenmond

Schutzgott

Thaliak - Der Forscher

Stadtstaat

Limsa Lominsa

Staatliche Gesellschaft

Legion der Unsterblichen / Phönixfähnrich

Freie Gesellschaft

Forest To People

ATTRIBUTE

Stärke4594
Geschick326
Konstitution5067
Intelligenz203
Willenskraft135

ANGRIFF

Kritische Treffer3800
Entschlossenheit1566
Direkter Treffer1580

ABWEHR

Verteidigung8111
Magieabwehr8111

PHYSISCHE ATTRIBUTE

Stärke der Attacke4594
Schnelligkeit1228

MAGIE

Offensivmagie203
Heilmagie135
Zaubertempo380

ROLLE

Unbeugsamkeit1007
Frömmigkeit340

Stufe 80

  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 80
  • 60
  • -
  • 80
  • 4
  • -
  • 80
  • 80
  • 39
  • 80
  • 80
  • 55
  • 80
  • LP

    154180
  • MP

    10000

Vorstellung

やあやあようこそ皆様方
ここはたたんすたーりんぐのロドスト、そしてこの文章は自己紹介である。
自己紹介であるからには、自分はどんな人物であるかを人に分かりやすく紹介する必要があるのだが、それには自分が何かと言うのをしっかりと理解する必要があるのは言うまでもない。
私は今、この貴重な機会に今一度己を見つめ直し、何を話し何を言わざるべきか、それを考えている最中だ。
私を表現する情報は多々ある。人種・年齢・性別・趣味嗜好に性格などなど、これらの情報は全て私を表すことができる。
しかし、それら全ての情報をここに記載したとして、一体如何程の人が読むであろう。
伝えたい事が多すぎる話というのは、聴く側からすると非常に分かりにくい、というのは皆様ご存知の通りだ。
上記に挙げた全ての情報を記載した長々とした文章を、ここに訪れた人のうち何割が読み切ってくれるだろうか。
大抵の人は長いなあ、と思って流し読みするに決まっている。
それでは私が真に伝えたい私の事が相手に伝わらない。
ではどうしたらいいか。そう、情報を絞り込めばいい。
数多ある自分を表す情報の中から、真に相手に伝えたい己のみを記載すればよい。
ここで大事なのは、「相手に伝えたい」の〈相手〉の部分である。
どんな相手を想定するかによって伝えたい己というのも変わってくる。
例えば、初対面の相手ならば自分の名前の情報は必須であろう。
しかしそれが数年来の友人ならどうか。相手は当然知っている。不必要な情報だ。
相手の想定の必要性はこの通りである。
そしてこれを考えるにあたって重要なのは、場所だ。
ここはFF14のロードストーン。マイキャラクターのページだ。
ゲーム内での己に関する場所である為、相手は当然ゲーム内で知り合った者か、同じゲームを遊ぶ友人。
若しくはまだゲーム内でも見知らぬ者へと絞り込まれる。
一手目でかなり相手がはっきりしてきたのが分かると思う。
ともすれば、相手の想定はこれで十分かもしれない。
しかし私は長々と書いてしまう性格故に、もっと絞り込まなければ端的で分かりやすい文章にはなり得ないと自覚している。
この性格には中々苦労させられたもので、会話においても話が次々脱線するものだから何が言いたいのか全く伝わらない。
頭に思い浮かぶまま話すからいけないのだろうと、一度脳内でまとめてから話そうとすれば、まとめている間に話題が変わっていて参入できない。
おお、いけないな、今回も話が脱線してしまった。
なんの話だったか忘れてしまった。
ではまだ話していないであろうことを書いていこう。
ロドストを書くにあたって、人の自己紹介を参考にするというのもいい手段であろう。
文章を読めば何を伝えたいのか分かるかもしれないし、それは自分が書くときの絞り込みに役立つかもしれな一度。
自分では思い浮かばなかった自己紹介欄の使い方だってあるだろう。
フレンドやカンパニーのメンバーのものを見ているだけで、色々な自己紹介を見ることができる。
自己紹介欄にいいね機能が欲しくなるような文豪もまま見かけることがある。

飽きたんでここで終わります。たたんでした。
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl