Charakter

Charakter

Endwalker

Roy Fox

Mandragora (Mana)

Du hast keine Verbindung zu diesem Charakter.

Erlaubnisanfragen

Um diesem Charakter zu folgen, ist eine Erlaubnis erforderlich. Möchtest du eine Erlaubnisanfrage stellen?

  • 2

やり残したこと(漆黒編2 -希望の園エデン-)

Öffentlich
おつかれさまです、ろいです。

暁月に向けた過去コンテンツの消化、ラストは希望の園エデンです。

今回も初見未予習で突っ込んだので結構転がりました。
マッチングした皆さんありがとうございました!


5.3でひとつの完結を迎えた、「原初世界のみんなの、第一世界での物語」。
それと並行しつつ、更にその先を描いた「第一世界の未来」のお話。


途中でアシエンが出てきたときは、この話もアシエン絡みかぁ…と正直少し辟易したりもしましたが、
関係無いアシエンが突然登場したわけではなく、メインクエストで語られたアレやコレやの過去だったり
あの時何が起きたのか…という裏側だったりに密接に絡むお話になっていて良かったです。

最初にガイアと出会った頃は「うわぁ何か面倒そうな子が来たな…」と思っていたんですが、
最終的には「めっちゃいい子やないか…」と目頭が熱くなるおじさん(単純)。


アシエンの思考がちょっとストーカーめいていて、うわ怖っ…と思いつつも、
もう世界をどうこうする気はなく静かに暮らしたいだけなら放っておいてあげても良かった。

でも、リーンとガイアは出会ってしまった。
お互いに影響しあい、今を生き、未来に想いを馳せてしまった。

ふたつを天秤にかけるしかないのなら、停滞よりも活性、過去よりも未来を選ばざるを得ない。
それが、生きるということなのだから…(キメ顔)


  ならば、覚えていろ。
  私たちは、確かに生きていたんだ…。



歩みを進めるほどに背負うものが増える。


  皆は、貴殿を「強者」と言うであろう。
  だが、それは戦う力を持っているからではない。
  誰よりも「強き心」を持つからこそ、貴殿は強いのだ。



だが、全てを背負っているからこそ進める一歩がある。


  君は、世界を護って、君を護った。
  痛みや苦しみ、出会うが故の別れを連れて、
  進み続けたその先で。



だから、これからも歩み続けよう。
世界のために。
君のために。


漆黒の反逆者、完 ――。


(えっなにこのクサい文章は…)


全3回に渡ってお送りした「やり残したこと」これにて終了。
復帰から駆け抜けたこの半年は非常に濃厚でした。

そしてもうすぐ暁月!
全員初見のIDやレイドで、みんなで楽しみながら笑いながら、転がりまくるのが楽しみです。
ハイデリン・ゾディアーク編完結の物語も、新しい装備も、今までにないコンテンツも楽しみ!

サンキュー漆黒、フォーエバー漆黒。




ところで、何かSS貼ろうと思ってフォルダ漁ってるとき、ふと思ったんだけど…
もしかしてうちの子って世界一可愛いのでは?()


Kommentare (2)

Golden Conure

Mandragora (Mana)

やべーちょっとうるっときたわ……最近涙腺がゆるくていかん!

漆黒はほんまに良かったね!!暁月も楽しんでこう!!

Roy Fox

Mandragora (Mana)

> Golden Conure

いんこさんありがとう!
暁月も隅々までしゃぶりつくそうぞ!
Kommentar verfassen
ForumMogry-StationOffizielles Blog

Community-Pinnwand

Neueste Aktivitäten

Die Anzahl der anzuzeigenden Einträge kann verringert werden.
※ Aktivitäten, die Ranglisten betreffen, werden auf allen Welten geteilt.
※ Aktivitäten zur Grüdung von PvP-Teams können nicht nach Sprache gefiltert werden.
※ Aktivitäten deiner Freien Gesellschaft können nicht nach Sprache gefiltert werden.

Nach Art des Eintrags sortiert
Datenzentrum / Stammwelt
Sprache
Anzahl